平成29年度 高齢者インフルエンザ予防接種

最終更新日 2017年11月30日 印刷


インフルエンザは初冬から春先にかけて流行し、高齢の方がかかると肺炎など合併症を起こし重症化することがあります。

福井市では、65歳以上の方を対象にインフルエンザワクチン予防接種費用の一部を一人1回補助します。                                                            

実施期間  

 平成29年10月16日(月)から平成30年1月31日(水)まで 

  • 流行時期に間に合うように12月中旬までに接種されることをお勧めします。             

 

対象者

 次のいずれかに該当し、予防接種を希望される方

  1. 接種日現在の満年齢が65歳以上の方
  2. 接種日現在の満年齢が60歳以上65歳未満で、心臓、じん臓、呼吸器の機能の障害またはヒト免疫不全ウイルスにより免疫機能に障害を有し、身体障害者手帳1級程度の方 
  • 昭和28年1月31日以前に生まれた人には、予防接種通知書をお送りしています。ただし、公費負担で接種できるのは、65歳の誕生日以降となりますのでご注意ください。

  • 上記2に該当する方は、ご本人からの申し出が必要となりますので、保健センターまでご連絡ください。
  • 転入した方で通知書が届かない場合は、保健センターまでご連絡ください。  

自己負担額

    市民税課税世帯の方 2,000円

    市民税非課税世帯の方

    生活保護を受給されている方

    無料
  • 上記の費用で接種できるのは、1人1回のみです。 
  • 実施期間外や指定医療機関以外で接種される場合は、接種費用は全額自己負担となります。 

接種時の持ち物

  • インフルエンザ予防接種通知書(ハガキ)
  • 健康保険証

接種できる医療機関はこちら

予防接種を受ける前の一般的注意事項

  • 体調のよい日に受けましょう。
  • 医療機関にある「インフルエンザ予防接種の留意事項」を読んで、予防接種の必要性や副反応について理解した上で受けましょう。 
  • 発熱や他の疾患による症状があるような場合、接種は見合わせるようお願いします。
  • 気になることやわからないことがある場合は、予防接種を受ける前に医師にご相談ください。医師が診察し、接種が不適当と判断した場合、接種を行わない場合があります。

 

指定医療機関の方へ

下記の様式については、ダウンロードしてご利用ください。 

(報告先:(独)医薬品医療機器総合機構 FAX番号:0120-176-146)

 

インフルエンザの予防について

 インフルエンザは、毎年、冬から春先(12月下旬から3月上旬が中心)にかけ流行をくりかえす感染症です。かかっている人のせき、くしゃみなどで、空気中に飛び散る飛沫(インフルエンザウイルス)を周囲の人が吸うことにより感染していきます。また、手に付着したウイルスが、口や目などから感染することもあります。正しい知識を持ち、予防を心がけましょう。

リンク 

指定医療機関  

  ※事前に、医療機関へ予約をしてください。

 

各種プラグインについて

  • PDFファイルを開くことが出来ない方は、Adobe Reader(新しいウインドウが開き、福井市のサイトを離れます)をご利用ください。

アンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

より詳しくご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。

お問い合わせ先

福祉保健部 保健センター

電話番号 0776-28-1256ファクス番号 0776-28-3747メールフォーム

〒910-0853 福井市城東4丁目14-30(地図)
業務時間 平日8:30~17:15