麻しん(はしか)発生が増加しています

最終更新日 2018年4月26日 印刷

麻しん(はしか)発生が増加しています

  海外からの輸入症例を契機に、沖縄県で麻しん患者数が増加し、感染の拡大と思われる事例が愛知県から報告されています。

 麻しん(はしか)に感染すると、約10日後に発熱や咳、鼻水といった風邪のような症状が現れます。2~3日熱が続いた後、39度以上の高熱と発疹が出現します。麻しん(はしか)を疑う症状があった場合は、必ず受診前に医療機関に連絡し麻しんを疑う旨を伝えた後、医療機関の指示に従い早急に受診してください。また受診の際は、周囲に感染を拡げないよう公共交通機関の利用は避けてください。

福井県ホームページ

「麻しん(はしか)、風しん(三日はしか)にご注意ください」(新しいウインドウが開きます)
 

アンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

より詳しくご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。

お問い合わせ先

福祉保健部 保健センター 健康管理課

電話番号 0776-28-1256ファクス番号 0776-28-3747メールフォーム

〒910-0853 福井市城東4丁目14-30(地図)
業務時間 平日8:30~17:15