新型コロナウイルス感染症(COVID19)について

最終更新日 2020年2月26日 印刷

概要

 令和元年12⽉以降、世界各地で新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の患者発生報告が続いています。WHO(国際保健機関)や国立感染症研究所によると、接触感染や飛沫感染によりヒトからヒトへの感染が起こります。対策としては咳エチケットや手洗い等の通常の感染対策を行うことが重要とされています。

 WHOは1月31日に新型コロナウイルス関連肺炎について「国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態宣言(PHEIC)」を宣言し、2月1日には新型コロナウイルス感染症は感染症法に基づく「指定感染症」に指定され、また、検疫法に基づく「検疫感染症」に指定されています。

 2月25日に「新型コロナウイルス感染症対策の基本方針」(以下「基本方針」)が示されました。

新型コロナウイルス感染症対策の基本方針(令和2年2⽉25⽇)((新しいウインドウが開きます)
新型コロナウイルス感染症の現在の状況と厚生労働省の対応について(令和2年2⽉25⽇版)(新しいウインドウが開きます) (厚⽣労働省)
中華人民共和国湖北省武漢市における新型コロナウイルス関連肺炎に関する世界保健機関(WHO)の緊急事態宣言(新しいウインドウが開きます)(厚生労働省)
新型コロナウイルスの世界的発生状況(英語の発生地図やグラフ等)(新しいウインドウが開きます)(Johns Hopkins大学CSSEホームページ)

新型コロナウイルス感染症対策の基本方針

1.現在の状況と基本方針の趣旨

 新型コロナウイルス感染症については、これまで水際での対策を講じてきているが、ここに来て国内の複数地域で、感染経路が明らかではない患者が散発的に発生しており、一部地域には小規模患者クラスター(集団)が把握されている状態になった。しかし、現時点では、まだ大規模な感染拡大が認められている地域があるわけではない。
 感染の流行を早期に終息させるためには、クラスター(集団)が次のクラスター(集団)を生み出すことを防止することが極めて重要であり、徹底した対策を講じていくべきである。また、こうした感染拡大防止策により、患者の増加のスピードを可能な限り抑制することは、今後の国内での流行を抑える上で、重要な意味を持つ。
あわせて、この時期は、今後、国内で患者数が大幅に増えた時に備え、重症者対策を中心とした医療提供体制等の必要な体制を整える準備期間にも当たる。
 このような新型コロナウイルスをめぐる現在の状況を的確に把握し、国や地方自治体、医療関係者、事業者、そして国民がそして国民が一丸となって、新型コロナ一丸となって、新型コロナウイルス感染症対策ウイルス感染症対策を更に進めていくため、現在講じている対策と、今後の状況の進展を見据えて講じていくべき対策を現時点で整理し、基本方針として総合的にお示ししていくものである。
 まさに今が、今後の国内での健康被害を最小限に抑える上で、極めて重要な時期である。国民の皆様に対しては、2.で示す新型コロナウイルス感染症の特徴を踏まえ、感染の不安から適切な相談をせずに医療機関を受診することや感染しやすい環境に行くことを避けていただくようお願いする。また、手洗い、咳エチケット等を徹底徹底し、風邪症状があれば、外出を控えていただき、やむを得ず、外出される場合にはマスクを着用していただくようお願いする。

新型コロナウイルス対策指針の目的

2.新型コロナウイルス感染症について現時点で把握している事実

  • 一般的な状況における感染経路は飛沫感染、接触感染であり、空気感染は起きていないと考えられる。閉鎖空間において近距離で多くの人と会話する等の近距離で多くの人と会話する等の一定の環境下であれば、咳やくしゃみ等がなくても感染感染を拡大させるを拡大させるリスクがある。
  • 感染力は事例によって様々である。一部に、特定の人から多くの人に感染が拡大したと疑われる事例がある。一方で、多くの事例では感染者は周囲の人にほとんど感染させていていない。
  • 発熱や呼吸器症状が1週間前後持続することが多く、強いだるさ(倦怠感)を訴える人が多い。また、季節性インフルエンザよりも入院期間が長くなる事例が報告されている。
  • 罹患しても軽症であったり、治癒する例も多い。重症度としては、致死率が極めて高い感染症ほどではないものの、季節性インフルエンザと比べて高いリスクがある。特に、高齢者・基礎疾患を有する者では重症化するリスクが高い。
  • インフルエンザのように有効性が確認された抗ウイルス薬がなく、対症療法が中心である。また、現在のところ、迅速診断用の簡易検査キットがない。
  • 一方、治療方法については、他のウイルスに対する治療療薬等が効果的である可能性がある。

福井市保健所からのメッセージ

市民の皆様へ

「基本方針」に基づき、適切な相談をせずに医療機関を受診することや感染しやすい環境に行くことを避けてください。また、手洗い、咳エチケット等を徹底し、風邪症状があれば、外出を控えていただき、やむを得ず、外出される場合にはマスクを着用してください。

「帰国者・接触者相談センター」への相談の目安

○次の症状がある方は福井市保健所保健予防室「帰国者・接触者相談センター」(TEL: 33-5184)にご相談ください。

・風邪の症状や37.5度以上の発熱が4日以上続いている。
(解熱剤を飲み続けなければならないときを含みます)
・強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある。
※ 高齢者や基礎疾患等のある⽅は、上の状態が2日程度続く場合

センターでご相談の結果、新型コロナウイルス感染の疑いのある場合には、専⾨の「帰国者・接触者外来」をご紹介しています。マスクを着⽤し、公共交通機関の利⽤を避けて受診してください。

多くの方が集まるイベントや行事等の参加・開催について

多くの方が集まるイベントや行事等に参加される場合も、お一人お一人が咳エチケットや頻繁な手洗いなどの実施を心がけていただくとともに、イベントや行事等を主催する側においても、会場の入り口にアルコール消毒液を設置するなど、可能な範囲での対応を検討いただけますようお願いいたします。

よくあるお問い合わせ(FAQ)(新しいウインドウが開きます)(厚生労働省)
一般の方向けQ&A(一般の方向け)(新しいウインドウが開きます)(厚生労働省)
発生状況や行政の対策に関するQ&A(新しいウインドウが開きます)(厚生労働省)
新型コロナウイルス感染症に関する企業の方向けQ&A(企業の方向け)(新しいウインドウが開きます)(厚生労働省)
新型コロナウイルス感染症に備えて~一人ひとりができる対策~(新しいウインドウが開きます)(首相官邸)
新型コロナウイルスに係る厚⽣労働省電話相談窓⼝(コールセンター)の設置について(新しいウインドウが開きます) (厚⽣労働省)

厚生労働省・首相官邸より感染症対策について各種リーフレット等

新型コロナウイルスFAQ感染対策(1)咳エチケット手洗い

感染対策(横型青)感染対策(横型赤)

外国の皆様へ

About Coronavirus Disease 2019 (COVID-19)(新しいウインドウが開きます)(厚生労働省)

Measures against infectious diseasesCoughing MannerWashing Hands

有关新型冠状病毒感染症(新しいウインドウが開きます)(厚生労働省)

Measures against infectious diseases (Chinese)Coughing Manner(Chinese)Washing Hands(Chinese)

市内の医療機関の皆様へ

 新型コロナウイルス感染症について、患者や感染の疑いがある方から相談を受けた場合や受診した際には、福井市保健所保健予防室「帰国者・接触者相談センター」(TEL: 33-5184)へ連絡していただきますようよろしくお願いします。
※ 感染の疑いがある方とは、現時点で次の1.または2.を満たす方です。

  1. 発症前2週間以内に「新型コロナウイルス感染者」と濃厚接触した者で、
    (1)発熱(37.5度以上) または (2)呼吸器症状を有する者
  2. 発症前2週間以内に「湖北省あるいは浙江省を訪問した者」または「湖北省あるいは浙江省への渡航歴がある者と濃厚接触者をした者」で
    (1)発熱(37.5度以上) かつ (2)呼吸器症状
    を有する者 

注)濃厚接触とは、新型コロナウイルス感染症患者と疑われるものと同居または長時間の接触(車内など)、適切な感染防護なしで患者を診察、看護もしくは介護した、たんなどに直接触れた可能性が高い場合のこと。

新型コロナウイルス感染症に関する医療機関・検査機関の方向けQ&A(新しいウインドウが開きます)(厚生労働省)
医療機関における新型コロナウイルス感染症への対応ガイド(新しいウインドウが開きます)(日本環境感染学会)

電話相談窓口、帰国者・接触者相談センター

 新型コロナウイルス感染症に関するご相談は、福井市保健所「帰国者・接触者相談センター」にご連絡ください。

〇 福井市保健所 保健予防室 
〇 電話番号 0776-33-5184
〇 FAX 0776-33-5473
(休日や夜間は携帯番号がアナウンスされます)

福井県内の他の地域の相談窓口、帰国者・接触者相談センター

〇 休日や夜間は携帯番号がアナウンスされます。

窓口

管轄市町

電話番号

FAX

福井健康福祉センター

永平寺町

0776-36-3429

0776-34-7215

坂井健康福祉センター

坂井市、あわら市

0776-73-4858

0776-73-0763

奥越健康福祉センター

大野市、勝山市

0779-66-2076

0779-65-8410

丹南健康福祉センター

越前市、鯖江市、池田町
南越前町、越前町

0778-51-0034

0778-51-7804

⼆州健康福祉センター

敦賀市、若狭町(旧三方町区域)
美浜町

0770-22-3747

0770-24-1205

若狭健康福祉センター

小浜市、若狭町(旧上中町区域)
高浜町、おおい町

0770-52-1300

0770-52-1058

 厚生労働省でも電話相談窓口を設置しています。

〇電話番号 0120-565653(フリーダイヤル)
〇受付時間 9時00分~21時00分(土日、祝日も実施)

観光庁外国人旅行者向けコールセンター「Japan Visitor Hotline」においても、電話相談窓口を設置しています。

〇電話番号 050-3816-2787
〇FAX   03-3595-2756
〇受付時間 24時間対応(土日・祝日も実施)
〇対応言語 日本語、英語、中国語、韓国語

福井市新型コロナウイルス警戒会議について

・2月20日に福井市新型コロナウイルス警戒会議(第1回)が開催されました(会議資料

参考

省庁等からの情報

新型コロナウイルス感染症について(新しいウインドウが開きます) (厚⽣労働省)
新型コロナウイルス感染症の対応について(新しいウインドウが開きます)(内閣官房)
コロナウイルスに関する解説及び中国で報告されている原因不明の肺炎に関連する情報(新しいウインドウが開きます) (国⽴感染症研究所)
中華人民共和国(新しいウインドウが開きます)(外務省海外安全情報)
※外務省は中華人民共和国湖北省・浙江省温州市全域を感染症危険情報レベル3「渡航は止めてください(渡航中止勧告)」に引き上げました。

各種プラグインについて

  • PDFファイルを開くことが出来ない方は、Adobe Reader(新しいウインドウが開き、福井市のサイトを離れます)をご利用ください。

アンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

より詳しくご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。

お問い合わせ先

保健衛生局 福井市保健所 保健予防室

電話番号 0776-33-5184ファクス番号 0776-33-5473メールフォーム

〒918-8004 福井市西木田2丁目8-8(地図)
業務時間 平日8:30~17:15