入園中の注意事項

最終更新日 2016年3月10日 印刷

入園中に以下の変更がある場合は、その旨を必ず公立幼稚園、私立幼稚園(聖徳・つぼみ)、保育園又は認定こども園に伝えてください。

変更の内容によっては、支給認定変更申請が必要になります。様式については、入園先から配布します。

報告を怠った場合や事実と異なる場合、入園継続(2.3号のみ)ができなくなる場合があります。

(1)保育を必要とする事由を変更する場合(2.3号のみ)  ・・・例)勤務→退職、産休育休、病気療養

(2)保育を必要量を変更する場合(2.3号のみ) ・・・例)勤務時間の変更

(3)保護者・世帯の変更がある場合・・・例)保護者の離婚・再婚

(4)住所の変更・・・例)他市への転出

※転出する予定があり、引き続き保育園・認定こども園・私立幼稚園(聖徳・つぼみ)へ入園を希望する方は、事前に福井市役所子育て支援室及び転出先の市町村担当課にもご連絡ください。

(5)所得税・住民税の更正や修正

求職活動を理由とした入園期間は、事実発生日から90日が経過する日が属する月の末日までです。

この間に仕事が決まらなかった場合、入園児童は保育園・認定こども園(2・3号認定)を退園していただく可能性があります。

また、一度退園されますと、再入園の希望時期に入園の受け入れができない場合もあります。

年度途中で退職し求職する場合も同様に、実発生日から90日が経過する日が属する月の末日までです 。

※自動車免許の取得は、資格取得及び求職活動にも含まれません。

育児を理由とした入園期間は、育児中の乳児が1歳の誕生日の属する月の月末までです。

継続して入園を希望する場合は、期間終了前に保育に欠ける理由を証明する書類を提出してください。

支給認定変更申請について

 1 変更申請の流れ

  変更申請書の審査及び変更決定は、毎月次のスケジュールで行っています。

市受理期間

市審査期間

市変更書類発行日

変更適用日

前月21日~20日

~25日までに

25日以降

翌月1日付け

 ※就労者が離職して求職活動状態になった場合は、保育必要量の変更(標準時間→短時間)は、上記のスケジュールに則って行いますが、変更後の事由に基づく支給認定の有効期間(90日間)は、保護者からの変更申請の時期に係わらず、事実発生日(離職日)の翌日から起算します。

 (2)受取・提出方法

 変更申請書の 受取・提出先は、変更内容を園で把握するためすべて園経由で行います。そのため、上記期間中に園から子育て支援室に提出できるよう入園先にご提出ください。

※提出日は、あくまで市での受取日で判断します。そのため、20日までに入園先に提出しても市での受理がおこなえない場合は、翌月の変更ができません。

※支給認定変更情報は、必ず月初日までに入園先にお知らせします。そのため、初日時点での認定で保育料等の徴収を行います。

 

 

アンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

より詳しくご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。

お問い合わせ先

福祉保健部 子育て支援室

電話番号 0776-20-5270ファクス番号 0776-20-5490メールフォーム

〒910-8511 福井市大手3丁目10-1(地図) 市役所 別館2階
業務時間 平日8:30~17:15