朝倉氏遺跡 [15]下城戸跡 写真と説明

最終更新日 2016年4月3日 印刷

福井市遺跡ホームページ
特別史跡
一乗谷
朝倉氏
遺跡
 
イベント情報
詳細情報のページへ
 
メニュー
史跡の概要
ジオラマのご紹介
マップで「散策コース」
史跡スポット[一覧]
その他の散策スポット[一覧]
施設のご案内
交通アクセス
関連リンク
ご意見・ご感想・ご要望
このサイトのご利用方法
サイトマップ
 
ページタイトル:24の史跡スポット
朝倉歴史の道散策
エリア14, 15:城戸
 
 15. 下城戸跡 散策マップ
写真:下城戸近景  一乗谷の北側の谷が最も狭まるところに下城戸が構築されています。土を盛り上げて構築された下城戸は、基底部で幅12~19m、上面で幅6~9mをを測ります。高さは約4mです。道路により一部が削り取られていますが、現存長は38mを測ります。城戸の外側にあたる土塁北側には、幅約10mを測る濠が作られていますが、深さについては不明です。土塁の西側には巨石を組み合わせた通路があり、ここが城下町への出入り口となっていました。

写真:下城戸全景  この通路は、外側から町の中が見通せないように矩折(かねおれ)状に作られているところに最大の特色を見ることができます。城戸の内側は広場的な空間となっており、その広場の南側には町屋地区が形成されていることが、発掘調査の成果から知られています。

 
一覧へ戻る >> 次のスポットへ
一乗谷朝倉氏遺跡トップへ戻る ひとつ前へ戻る

アンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

より詳しくご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。

お問い合わせ先

観光文化局 一乗谷朝倉氏遺跡管理事務所

電話番号 0776-41-2173ファクス番号 0776-41-3924メールフォーム

〒910-2153 福井市城戸ノ内町10-48(地図)
業務時間 平日8:30~17:15