家の中の地震対策をしましょう!

最終更新日 2014年1月22日 印刷

家の中の地震対策をしましょう!

近年発生した大きな地震では、家具の転倒・落下や割れたガラスによる負傷者が全体の約3割~5割を占めています。
とくに高齢者の方は、災害が発生した際、逃げ遅れる危険性が高いです。
地震から身を守るため、できることから今すぐはじめましょう!

地震対策のポイント

  1. 家の中に逃げ場としての安全な空間をつくる
    部屋がいくつもある場合は、人の出入りが少ない部屋に家具をまとめて置きましょう。
    それが無理な場合は、少しでも安全なスペースができるよう配置換えをしましょう。
     
  2. 寝室、子どもや高齢者のいる部屋には家具を置かない
    就寝中に地震に襲われると、家具が倒れたりして危険です。
    また、子どもや高齢者、病人などは逃げ遅れる可能性があります。
     
  3. 家具の転倒や落下を防ぐ 
    家具と壁や柱の間に隙間があると倒れやすいです。
    家具の下に小さな板などを差し込んで、壁や柱に寄りかかるように固定しましょう。
    また、家具や固定器具を使って、転倒防止策を万全にしましょう。
     
  4. 安全に避難できるように、出入り口や通路にはものを置かない 
    玄関など出入り口までの通路に、家具など倒れやすいものを置かないようにしましょう。
    玄関にいろいろものを置くと、いざというときに、出入り口をふさいでしまうこともあります。

特に、家具の転倒防止は、地震から身を守るうえでたいへん大きな効果があります。
下記チラシをご一読いただき、ご家庭での地震対策にご活用ください。

地震対策のポイント(PDF形式:149KB) 
家具の転倒・落下防止策について(PDF形式:687KB)

各種プラグインについて

  • PDFファイルを開くことが出来ない方は、Adobe Reader(新しいウインドウが開き、福井市のサイトを離れます)をご利用ください。

アンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

より詳しくご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。

お問い合わせ先

福祉保健部 地域包括ケア推進課

電話番号 0776-20-5400ファクス番号 0776-20-5426メールフォーム

〒910-8511 福井市大手3丁目10-1(地図) 市役所 別館1階
業務時間 平日8:30~17:15