令和2年度防災士養成研修の受講者を募集します

最終更新日 2020年7月21日 印刷

福井県主催の防災士養成研修が開催されます

 防災に関する知識と技術を有する防災活動等の指導的な役割を担う人材を養成し、地域防災力の向上を図るため、防災士の資格取得ができる防災士養成研修が開催されます。

防災士とは

 防災士とは「自助」「共助」「協働」を原則として、社会の様々な場で防災力を高める活動が期待され、そのための十分な意識と一定の知識・技能を修得したことを、日本防災士機構が認証した人です。
 防災士には、家庭・職場・地域のさまざまな場で多様な活躍が期待されています。その役割は大きく分けて3つあります。

  1. 災害時の、公的支援が到着するまでの被害の拡大の軽減
  2. 災害発生後の被災者支援の活動
  3. 平常時の防災意識の啓発、自助・共助活動の訓練

 詳しくは、特定非営利活動法人日本防災士機構のホームページをご覧ください。

研修の概要

目的

  防災に関する実践的知識と技術を有し、防災活動の指導的役割を担う人材を養成し、自主防災組織の質的な強化により、地域防災力の向上を図る。

 期日・場所

 申込期限は各会場とも研修実施日の約1ヵ月前です、
 ただし、各会場の定員を満たした場合、募集を締め切らせていただきます。
【第1回】
開催日:令和2年9月5日(土)、6日(日)の2日間
場 所:プラザ萬象 小ホール(敦賀市東洋町1-1)
定 員:50名程度(先着順)

【第2回】
開催日:令和2年10月31日(土)、11月1日(日)の2日間
場 所:アオッサ(福井市地域交流プラザ)601号室
定 員:80名程度(先着順)

【第3回】
開催日:令和2年12月5日(土)、6日(日)の2日間
場 所:市民プラザたけふ 多目的ホール(越前市府中1-11-2 アルプラザ武生4階)
定 員:50名程度(先着順)

○スケジュール(※研修会場により時間等が異なる場合があります。)

日 程 時 間 内 容
1日目 9:15~17:30 研 修
2日目 9:00~16:40 研 修
16:50~17:50 試 験

詳しくは、募集要項をご覧ください。

対象者

  地域における防災活動に意欲のある方、自主防災組織や自治会の構成員、自治体の防災担当職員等

申込方法

 受講を希望される方は、危機管理課(福井市役所別館5階)までお越しください。
 受講申込書、防災士資格取得試験受験申請書、試験受験料払込取扱票等をお渡ししますので、必要事項を記載し、申込んでください。
  ※払込取扱票は予備がありませんので、確実に申し込みをする分しかお渡しできません。

受講条件

  1. 申込み完了後、防災士教本および履修確認レポートが郵送されますので、防災士教本をよく読んで履修確認レポートを作成してください。
    レポートは研修当日、受付に提出してください。
  2. 消防署が行う普通救命講習の修了証をお持ちでない方は、普通救命講習(無料、各消防署で実施しています。)を受講してください。
    防災士資格認証の申請の際、修了証(写)が必要です。 
  3. 地域の防災活動に積極的に参加してください。

費用負担について

 研修に必要な講師代、会場費などの研修費、テキスト代は無料です。
 研修後の防災士資格試験の受験に必要な以下の費用は個人負担になります。
 8,000円
 内 訳:防災士資格試験受験料 3,000円(研修申込み時に機構へ納付)
     防災士資格認証登録料 5,000円(試験合格後に機構へ納付)
     ※ その他、会場までの交通費、駐車料金、昼食等の飲食費は個人負担

その他

・マスクの着用、手洗い・うがい等、各自での感染防止対策に十分ご留意ください。
・感染者拡大防止の観点から、発熱や咳が激しい等の症状が見られる場合は、受講を御遠慮いただくことがあります。

各種プラグインについて

  • PDFファイルを開くことが出来ない方は、Adobe Reader(新しいウインドウが開き、福井市のサイトを離れます)をご利用ください。

アンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

より詳しくご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。

お問い合わせ先

危機管理局 危機管理課

電話番号 0776-20-5234ファクス番号 0776-20-5235メールフォーム

〒910-8511 福井市大手3丁目10-1(地図) 市役所 別館5階
業務時間 平日8:30~17:15