消火器を廃棄するときは

最終更新日 2014年1月23日 印刷

消火器を廃棄するときは?

消火器は火災時には有効なものですが、錆や変形があったり、古すぎる消火器は、いざという時に使えないだけではなく、腐食の程度が著しい場合は破裂する危険があります。早急に新しい消火器に交換していただくほか、不用になった消火器を廃棄する場合は次のことに注意してください。

ひどく錆びたり、腐食している箇所がある消火器は取替えをお勧めします。

  • 消火器は一般のごみの回収には出せません。
  • 消火器の廃棄は、購入したお店又は消火器の専門業者に相談、依頼してください。
  • 廃棄するには、原則として料金がかかります。
  • 消火器の種類や、製造したメーカーによって料金に違いがあります。

          消火器の点検をしましょう

アンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

より詳しくご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。

お問い合わせ先

消防局 予防課

電話番号 0776-20-3997ファクス番号 0776-20-3119メールフォーム

〒918-8237 福井市和田東2丁目2207(地図) 消防局庁舎(防災センター)4階
業務時間 平日8:30~17:15