悪質な訪問販売にご注意下さい

最終更新日 2009年2月1日 印刷

 消防法の改正(消防法第9条の2)により、すべての住宅に住宅用火災警報器等の設置が義務付けられ、福井市火災予防条例(第40条~第45条)で設置・維持の基準が定められました。新築住宅については、平成18年6月1日から設置が義務付けられました。また、既存住宅については平成23年6月1日から設置が義務付けられます。

 それに伴い、悪質な訪問販売による被害が発生する恐れがありますので、ご注意下さい。 

 また、高齢者を狙った悪質な消火器の訪問販売による被害も引き発生しています。主な手口は、「消防職員」と偽り「消火器の点検」と訪問して、消火器等を高額で販売するものです。

 実際に消防職員が個人住宅を訪問し、消火器や住宅用火災警報器の『あっせん』や『販売』を行うことはありませんし、特定の業者に販売依頼をすることもありません。

 不要な訪問販売に対しては、毅然とした態度でハッキリと断りましょう。また、訪問販売ではクーリング・オフ制度が認められており、契約書を受け取った日から8日以内であれば、契約を解除することができます。

クーリング・オフの詳細については、福井市消費者センターにお問い合わせください。

           悪質な訪問販売等にご注意下さい

アンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

より詳しくご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。

お問い合わせ先

消防局 予防課

電話番号 0776-20-3997ファクス番号 0776-20-3119メールフォーム

〒918-8237 福井市和田東2丁目2207(地図) 消防局庁舎(防災センター)4階
業務時間 平日8:30~17:15