衣類と書籍の処分について

最終更新日 2016年2月3日 印刷

衣類のリユース・リサイクルを考えてみませんか

燃やせるごみとして、毎日たくさんの衣類が焼却処分されています。

着古した洋服、もう何年も着ていない洋服、子供の小さくなった洋服、サイズが合わなくて着れない洋服・・・

ごみとして捨ててしまう前に 使いたい人・欲しい人に活かしてもらいませんか。

例えば、

  • 友人・知人に使ってもらう
  • フリーマーケットやリサイクルショップに出す
  • ウエス、詰め物素材として引き取ってもらう

などの方法があります。

リサイクルショップでは、自社で売るほかに海外の恵まれない子供たちに送ったり、工業用ウエス(工場などで使う雑巾)やぬいぐるみの詰め物に加工する工場へ出しているところがあります。また、自社製品を回収している販売店もあります。

捨てる以外の方法も検討してみましょう。

書籍のリサイクルを考えてみませんか

ご家庭で書籍の処分に困っている方いらっしゃいませんか?

一般的に書籍は、古本屋等に売ったり、古紙回収業者に持っていったりして、リユース・リサイクルされていますが、ごみとして燃やされているものも少なくありません。

ごみは燃やす前に裁断機にかけて細かくしますが、書籍は厚みがある上に硬く頑丈です。そのため裁断機にかける前に1センチメートルほどの薄さに切る必要があります。処分に手間がかかる上に大切な紙資源が失われてしまいます。

迷っている方はお近くの古本屋、または古紙回収業者に持って行きましょう。

衣類も書籍も大切な資源です。捨てる前にもう一度考え、ごみの削減と、資源の有効利用にご協力ください。

アンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

より詳しくご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。

お問い合わせ先

市民生活部 清掃清美課

電話番号 0776-20-5377ファクス番号 0776-20-5754メールフォーム

〒910-8511 福井市大手3丁目10番1号(地図) 市役所 別館4階
業務時間 平日8:30~17:15