リノベーションネットワーク支援事業

最終更新日 2018年7月3日 印刷

 2023年の北陸新幹線福井開業は、更なる地域間競争の幕開けとなり、他市にない福井の魅力が求められます。

 本市は、県都福井の玄関口を再開発とリノベーションの共存によって、魅力ある「福井らしい」まちにしようと考えています。

リノベーションネットワーク支援事業とは

  当事業は、民間投資を促す民間主導によるリノベーションまちづくりを目指すものであり、熱意あるプレイヤーを中心に多様な知識・技能や経験を持つ人々がプレイヤーをサポートし、柔軟な発想と幅広い情報を共有しながら進めることが必要です。

 これまで3年間のリノベーションスクールを通し、スクール受講生のほか、建築士、金融機関、行政関係者など、リノベーションを通したまちづくりに関心の高い人が増えました。さらに、福井でのリノベーション先駆者を中心とした「福井エリアリノベーションネットワーク」が構築されており、今後のリノベーション活動に高い意欲を持っています。

 このようななか、より効率的に事業を運営するためには、福井エリアリノベーションネットワークや、不動産オーナー、周辺商業者、関係団体など様々な関係者との更なる連携が求められています。

 今後、都市人材を活用しながら地域住民の皆さんと一緒にリノベーションまちづくりを更に広げていき、ネットワークをフル活用することでより多くの市内外からの参加者が見込めるとともに、プレイヤー発掘・育成に繋げ、持続的な事業展開を図っていきます。

事業内容

空き店舗調査、商業統計等のデータやエリアの歴史に基づいて、エリアの潜在力を引き出すとともに、官民連携によるエリア再生を進めていきます。

1.地域リサーチ 

・空き店舗の状況(どこに、どんな物件があるか)と実態(大家の意向、築年数、建築確認書有無等)を把握し基礎データとします。

・まちの歴史や各種統計データから地域の特性を把握します。

2.調査データ集の作成

・データ集として取りまとめることで、データを客観的に見える化し、現状分析できるようにします。

3.5か年ビジョンの作成

・基礎データを基にエリア再生の将来図を描き、エリアリノベーションまちづくりの5か年計画を作成します。

4.実践型ワークショップ(DiscoveRe-Fukui 2018 )開催

・対象とするエリア、空き店舗等の選定と課題を抽出します。

・空き店舗等を活用した事業計画策定、実現化のための事業構築(講師のアドバイスと地域住民の意見聴取によるブラッシュアップを繰り返して事業を構築する)していきます。

DiscoveRe-Fukui 2018(DRF2018) 開催

「ディスカバリーフクイ2018」は、福井版リノベーションまちづくり講座として、実践型ワークショップを約5か月間にわたり実施します。

詳しくはこちらをご覧ください。・・・DiscoveRe-Fukui 2018 (DRF2018)

DiscoveRe-Fukui 2018(DRF2018) 都市人材募集

「ディスカバリーフクイ2018」では、一般受講生のほか、講師となっていただく都市人材の募集を行っています。

詳しくはこちらをご覧ください。・・・DiscoveRe-Fukui 2018 都市人材募集

各種プラグインについて

  • PDFファイルを開くことが出来ない方は、Adobe Reader(新しいウインドウが開き、福井市のサイトを離れます)をご利用ください。

アンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

より詳しくご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。

お問い合わせ先

商工労働部 商工振興課

電話番号 0776-20-5325ファクス番号 0776-20-5323メールフォーム

〒910-8511 福井市大手3丁目10-1(地図) 市役所 第2別館2階
業務時間 平日8:30~17:15