共同住宅の各戸検針・徴収制度

最終更新日 2014年3月31日 印刷

一定の要件を満たし「遠隔指示式集中検針盤」を設置した中高層住宅については、各部屋用に設けられた「子メーター」「遠隔指示式集中検針盤」にて検針することとし、各部屋に入居している水道の使用者に直接請求し料金を徴収する制度です。

制度のしくみ

共同住宅の各戸検針及び各戸料金徴収制度は、局の定めた基準に適合する共同住宅について、企業局と共同住宅の管理者とが予め契約を締結しておくことで、企業局が、集中検針盤により各居室のメーターを検針し、使用水量から各戸ごとの料金を計算し、各戸の使用者それぞれに料金の請求を行います。

通常、共同住宅等でも、企業局が設置した親メーターを検針し、使用水量から全体の料金を計算し、共同住宅の管理者に一括して料金の請求を行っています。

平成13年4月からこの制度を運用しています。詳細について不明な点は直接お問い合わせください。

各用語説明

局メーター

親メーター、企業局が設置するメーター。
設置・交換は、企業局の負担で行います。

各戸メーター

子メーター、共同住宅の管理者が設置するメーター(遠隔指示式電子メーターとなります)。
設置・交換は、共同住宅の管理者の負担で行います。

集中検針盤

共同住宅の各戸に設置された各戸メーターの使用水量を読み取る装置。
設置・交換は、共同住宅の管理者の負担で行います。

共同住宅の各戸検針イメージ図

取扱いを受ける要件と適用までの流れ

取扱いを受けるための要件

  • 受水槽を設置した3階建て以上の賃貸又は分譲の住宅専用であること。
  • 計量法に基づく集中検針装置(遠隔指示式各戸メーター)を設置していること。
  • 各戸メーターについては8年、集中検針盤については16年以内に取り替えること。
  • 集中検針装置や導水装置の施工(既設含む)等において、前もって企業局の承認を得ること
  • 居住者全員が口座振替での支払いを申し込むこと。

申請の方法

  1. 申請書の作成、関係書類を添付の上、企業局に提出してください。
  2. 書類の確認後、現地確認を行い、適用の可否を判断します。
  3. 取扱いが認められた後、取扱い契約を締結します。

申請書類

様式1号 共同住宅各戸検針・徴収申請書(PDF形式:56KB)

様式2号 管理責任者選任届(PDF形式:43KB)

様式3号 各戸メ-タ-の使用申込者名簿および開始指針表(PDF形式:64KB)

様式6号 集中検針装置総合点検報告書(PDF形式:54KB)

共同住宅各戸検針・徴収等の際の開錠方法に関する届(PDF形式:55KB)(オートロックマンション等の場合)

  • 集中検針装置関係図(集中検針盤・子メーターの仕様書、平面図等)
  • 口座振替申込書

関係様式

共同住宅に係る各戸検針および水道料金等の徴収に関する取扱要綱(PDF形式:111KB)

共同住宅に係る各戸検針および水道料金等の徴収に関する契約書(PDF形式:104KB)

様式5号 各戸メ-タ-取替報告書(PDF形式:48KB) 

共同住宅に係る各戸検針及び水道料金等の徴収に関する契約の解除申請書(PDF形式:80KB)

取扱契約締結後

企業局は、中高層共同住宅の各戸水道使用者に対し個々に検針(2ヶ月に1度)を行い、水道料金及び下水道使用料を各戸の使用者それぞれに直接請求・徴収することになります。 

各種プラグインについて

  • PDFファイルを開くことが出来ない方は、Adobe Reader(新しいウインドウが開き、福井市のサイトを離れます)をご利用ください。

アンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

より詳しくご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。

お問い合わせ先

企業局 ガス水道料金センター

電話番号 0776-20-5613/5621ファクス番号 0776-20-5639メールフォーム

〒910-8522 福井市大手3丁目13-1(地図) 企業局庁舎1階
業務時間 平日8:30~18:00(供給停止を行った日のみ20:00まで営業)