災害に強い水道施設へ

最終更新日 2014年8月29日 印刷

災害に強い水道施設へ

福井市は、昭和23年に発生した福井地震により水道施設に甚大な被害を受けた経緯を踏まえ、今後は、災害時のライフラインの確保と持続可能な水道事業を実現し、安全でおいしいふくいの水を安定して供給できるよう、水道施設の耐震化を中心に整備しています。

具体的な事業

  • 管路の計画的更新   →  経年管の入れ替え
  • 施設の耐震化 → 九頭竜・原目配水池更新、九頭竜浄水場管理棟・監視棟の耐震補強
  • 基幹管路の耐震化 → 九頭竜浄水場への導水管の耐震化、九頭竜―原目の送水管の耐震化、医療施設への配水管の耐震化 

管路の耐震化

福井市では耐震管としてNS形・GX形ダクタイル鋳鉄管、配水用ポリエチレン管を採用しています。

NS形・GX形ダクタイル鋳鉄管は、地震などによる地盤沈下や地盤の亀裂にも、管路が鎖のように挙動することで地盤の変位に順応する、離脱防止機構を持つ耐震継手です。 

水道配水用ポリエチレン管は、伸びが大きい材料特性と、管と継手が組織的に一体化構造となる融着接合により、地震時の地盤変動に対してよく追従し、耐震性がある管です。

 aigai2aigai1

アンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

より詳しくご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。

お問い合わせ先

企業局 ガス・水道整備課

電話番号 0776-20-5640ファクス番号 0776-20-5629メールフォーム

〒910-8522 福井市大手3丁目13-1(地図) 企業局庁舎2階
業務時間 平日8:30~17:15