外国人住民の方も住民票の写しを取得できるようになりました

最終更新日 2012年7月9日 印刷

 2012年(平成24年)7月9日、改正住民基本台帳法の施行により、外国人住民にも住民票が作成されました。これにより、日本人と外国人とで構成される世帯の全員が記載された住民票の写しが交付可能になりました。また、在留資格の変更や在留期間の更新について、従来、地方入国管理局と市町村の両方に必要だった届出が、地方入国管理局のみへの届出で済みます。

  

住民票の写しの交付について

 7月9日以降は、外国人登録法が廃止となるため、原票記載事項証明書の代りに住民票の写しを交付します。

 

住所変更の手続きについて

 これまでは、新住所地でのお手続きのみでしたが、今後は転出(福井市から他の市町村への異動)の際も、日本人と同様に転出の手続きが必要となります。必ず福井市で転出の手続きを行い、転出証明書の交付を受けてください。
 住所変更の手続きには、在留カード又は特別永住者証明書が必要となります。持参し忘れた場合、受付できませんのでご注意ください。
 また、国外に転出する場合、再入国許可を得ている場合であっても、原則として転出の届出が必要となります。

通称・住所以外の変更、在留カードの更新等の(変更)届出、すべて入国管理局が窓口となります。
(※特別永住者の方は、従来どおり市役所窓口でのお手続きとなります。)

 

外国人登録証明書の切替について

 現在お持ちの外国人登録証明書が一定の期間「在留カード」又は「特別永住者証明書」とみなされますので、在留カード又は特別永住者証明書が交付されるまで引き続き所持して下さい。

在留カードとみなされる期間

  • 永住者

16歳以上の方 2015年(平成27年)7月8日まで
16歳未満の方

2015年(平成27年)7月8日または
16歳の誕生日のいずれか早い日まで

  • 特定活動(※特定研究活動等により在留する方とその配偶者の方に限ります。)

16歳以上の方

在留期間の満了日または
2015年(平成27年)7月8日のいずれか早い日まで

16歳未満の方

在留期間の満了日、2015年(平成27年)7月8日または
16歳の誕生日のいずれか早い日まで

  • それ以外の在留資格(※「短期滞在」や在留資格がない者等、在留カードの交付対象とならないものは除かれます。)

16歳以上の方

在留期間の満了日

16歳未満の方

在留期間の満了日または
16歳の誕生日のいずれか早い日まで

 

特別永住者証明書とみなされる期間

  • 16歳未満の方

16歳の誕生日まで

  • 16歳以上の方

次回確認(切替)申請期間が
2012年7月9日から3年以内に到来する方

2015年(平成27年)7月8日まで

上記以外の方

次回確認(切替)申請期間の始期とされた日まで

 

関連リンク

アンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

より詳しくご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。

お問い合わせ先

市民生活部 市民課

電話番号 0776-20-5286(代表)メールフォーム

〒910-8511 福井市大手3丁目10-1(地図) 市役所 本館1階
業務時間 平日8:30~17:15