福井市自然史博物館分館開館記念番組等制作業務プロポーザルの審査結果について

最終更新日 2015年4月4日 印刷

福井市では、平成28年に開館予定の福井市自然史博物館分館の開館を記念したドーム映像番組の制作を目的に、事業者の技術力や発想力等を総合的に評価し、最も優れたものを業務委託契約の候補者として選定するため、公募型プロポーザルを実施しました。

福井市自然史博物館分館開館記念番組等制作業務プロポーザルの公募について(新しいウインドウが開きます)

選定結果

平成26年11月12日から同年11月26日までの公募期間内に3者から参加申請がありました。各参加者から提出された提案書類及びプレゼンテーションによる審査を行い、次のとおりの結果となりました。

最優秀 株式会社日テレアックスオン、株式会社エフ・ビイ・シイアドサービス自然史博物館分館開館記念番組等制作業務特定業務共同企業体
次点 福井テレビ・五藤光学研究所特定業務共同企業体

 

審査講評

 本プロポーザルは、天文・宇宙を中心とした展示施設と国内最高解像度の全天周8Kドームシアターを持つ「福井市自然史博物館分館」の開館記念番組と観光CMの制作を目的としたものです。

 提案いただいた応募提案は、それぞれ違った手法を活用しつつも、いずれもが県外の人たちに自慢できる「うらがまちの映画」となるような、十分に魅力ある提案をしていただきました。

 この中で、最も優れたものとして選定した提案は、「市民とともに作るドーム映像」を基本的な考え方としており、「市民」が参加する映画制作づくりにより、「うらがまちの映画」にするという強い意志が伝わってきました。また、福井市を中心とした県内の様々な魅力あるアイテムを、ただ単にドキュメンタリーとして伝えるのではなく、日本初の全天周ドラマとして制作するという手法が、観光客や市外・県外の方々により強いメッセージを伝えられるという期待が持たせられる提案でした。

 当審査委員会は、市が定めた審査委員会設置要綱により、提案書とヒアリングによる評価・採点を行い、委員5名の合計による総合点数の最も高かった順に最優秀提案と次点提案を選定することで職責を終えますが、今後、福井市と提案者がさらに議論をしながら、市民が誇りに思える「うらがまちの映画」となることを期待します。

アンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

より詳しくご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。

お問い合わせ先

観光文化局 自然史博物館

電話番号 0776-35-2844ファクス番号 0776-34-4460メールフォーム

〒918-8006 福井市足羽上町147(地図)
業務時間 9:00~17:15(入館は16:45まで)  毎週月曜日(祝休日の場合は開館)、国民の祝休日の翌日、年末年始(12月28日~1月4日)は休館