ロケット花火で追払い

最終更新日 2018年7月5日 印刷

 木の上にいるサルやサギを追払うにはロケット花火が有効です。

 特にサルは、ロケット花火を飛ばすと同時に人間が山へ追い立てることで、この集落はロケット花火の音がすると人間が襲ってくる危険な場所であると学習し、集落に出てきにくくなります。

 しかし、ロケット花火は発射の際に火花が飛び散り、行き先も定まりにくいため、使用には注意が必要です。

 ロケット花火を使って安全に追払いをおこなうためには、ロケット花火の発射台を自作することをおすすめいたします。身近なもので作成できますので、ぜひお試しください。作り方はマニュアルをご参照ください。

 発射台1 発射台2

 なお、サルの追払いをする際には出来る限り複数人で集まって行ってください。

 また、乾燥した日にロケット花火を使用するのは危険ですので、使用を控えるとともに、ロケット花火は破裂時に全て燃え尽きて、火が残る可能性が低い、紙製のロケット花火を使用して下さい。

各種プラグインについて

  • PDFファイルを開くことが出来ない方は、Adobe Reader(新しいウインドウが開き、福井市のサイトを離れます)をご利用ください。

アンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

より詳しくご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。

お問い合わせ先

農林水産部 有害鳥獣対策室

電話番号 0776-20-5701ファクス番号 0776-20-5752メールフォーム

〒910-8511 福井市大手3丁目10-1(地図) 市役所 本館5階
業務時間 平日8:30~17:15