銀福すいか

最終更新日 2017年5月19日 印刷

銀福すいかの紹介

 銀福すいかは、福井市で開発した金福すいかのペアとしてギフト販売できるスイカの作出を目指し、平成11年から開発をスタートさせました。優良品種の選抜を繰り返し結果、平成19年に完成し、平成21年には、農林水産省の品種登録(登録番号第18213号 )を受けました。
 銀福という名称は、金福すいかのペアとして、ギフト用を目的に開発されたので、金福に近い名前で、福井市の福の文字を残して、命名されました。

金福と銀福
銀福すいか と 金福すいか 

特徴

 銀福すいかは、金福すいかと同じく2kg前後で種が極めて少ない小玉スイカです。一見は一般的なスイカと同じ緑色の皮ですが、切ってみるとオレンジ色の果肉で、適度なシャリ感と強い甘み、さわやかな酸味があり、金福すいかとは違った特徴を持っています。

銀福すいか外観   銀福すいか断面
銀福すいかの外観        銀福すいかの果肉

収穫・出荷時期

 収穫は金福すいかと同じで、6月中旬から始まり、7月上旬頃までがピークで、8月上旬に終ります。
 平成28年度までは、一部の限られた生産者が栽培し、農産物直売所等での販売でしたが、平成29年度から本格的に栽培が始まり、市場等に金福すいかとセットにした化粧箱での出荷が始まります。

金福銀福セット 金福銀福セット箱
   金福すいか・銀福すいかセット        

アンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

より詳しくご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。

お問い合わせ先

農林水産部 園芸センター

電話番号 0776-83-0265ファクス番号 0776-83-1342メールフォーム

〒910-3145 福井市串野町1-30(地図)
業務時間 平日8:30~17:15 日曜日8:30~12:00 土曜日・祝日および11月~4月の第3週までの日曜日は休園日です。