福井市空き家リフォーム支援事業

最終更新日 2016年4月4日 印刷

空き家の循環利活用を促進するため、平成25年度から、市内の空き家のリフォームに対する支援を行っています。

補助対象者

  • 空き家の所有者で、売買又は賃貸を目的に空き家をリフォームする人
  • 居住目的で空き家を購入又は賃借して3ヶ月以内の人

補助の内容

空き家のリフォーム費用の20%を補助します。(上限30万円

※対象工事の費用が20万円以上である必要があります。

対象工事とならないもの

  • 空き家に付属する別棟の車庫や物置等の工事
  • 申請者が直接行う工事
  • エアコン、ガスコンロ、照明などの住宅設備機器類の設置工事
  • カーテン、家具、調度品等の購入や設置工事
  • 電話、インターネット、ケーブルテレビ等の配線工事
  • 外構工事
  • 他の補助事業により整備する工事

など

要件

次の全てに該当する必要があります。

  • 事前に申請し、補助金交付の決定後に工事に着工すること
  • 空き家は、半年以上居住者のいない一戸建て住宅であること(空き家の購入者がリフォームする場合を除く) 
  • 空き家情報バンクに登録してある又はこれから登録する住宅であること 
  • 固定資産税課税台帳に登録されている住宅であること
  • 所有者又はその3親等以内の親族が過去に居住していた住宅であること(空き家の購入者がリフォームする場合を除く)
  • 賃借者の場合は、所有者の了解を得ていること
  • 市内に営業所等(法人市民税の事業所開設届を提出しているものに限る)を有する事業者がリフォームを行うこと
  • 市町村税の滞納がないこと

など

申請について

空き家リフォーム補助金交付申請書(様式1号)(ワード形式 docx:28KB)に必要書類を添付して、住宅政策課の窓口に提出してください。

空き家にU・Iターン者が入居する場合の補助の特例

この補助の対象となり、かつ、リフォームする空き家に県外からのU・Iターン者が居住する場合には、補助の上限額が50万円となります。
福井県U・Iターン者空き家住まい支援事業(新しいウインドウが開きます)を活用した特例措置です。

U・Iターン者の条件

県外から移住して2年以内の者。ただし、県外から県内の大学等に進学した学生が県内企業に就職した場合には、卒業後2年以内の者。

注意事項

この特例を受ける場合には、空き家リフォーム補助金交付申請書(U・Iターン者等用)(様式8号)(ワード形式 docx:28KB)に必要書類を添付して、住宅政策課の窓口に提出してください。

その他

福井県では、平成25年9月20日から中古住宅(空き家)の住宅診断制度を創設しています。
詳しくは、福井県住宅診断制度のページ(外部サイト)をご覧ください。

各種プラグインについて

  • PDFファイルを開くことが出来ない方は、Adobe Reader(新しいウインドウが開き、福井市のサイトを離れます)をご利用ください。

  • ワードファイルを開くことが出来ない方は、Word Viewer(新しいウインドウが開き、福井市のサイトを離れます)をご利用ください。

アンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

より詳しくご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。

お問い合わせ先

建設部 住宅政策課

電話番号 0776-20-5571メールフォーム

〒910-8511 福井市大手3丁目10-1(地図) 市役所 本館5階
業務時間 平日8:30~17:15