あじさいトーク「テンダー2015」

最終更新日 2015年10月14日 印刷

グループ テンダー2015
実施日時

平成27年9月28日(月)14:30~

テーマ

子どもは社会の"宝"ー地域で温かく見守ろうー

会場 アオッサ 5F 503号室

トークの様子  集合写真

《参加者の意見》

  •  「子どもの貧困」に対して、生活支援、教育、就職の分野においてどのような取組がなされているのか、また今後どのような取組をしようとしているのか。
  • 人口減少を食い止める方策の一つとして、少子化対策に対して具体的にどのような政策を考えているのか。
  • 至民中学校の「異学年型教科センター方式」について、新しいシステムにより子どもたちの環境は良い方向に進んでいるのか、また今後もこの制度を取り入れるのか。    

《市長の発言》

  • 「子どもの貧困」については、国が平成26年8月に定めた「子供の貧困対策に関する大綱」を踏まえ、教育支援・生活支援・保護者に対する就労支援・経済的支援の4つに分けて貧困対策に取り組んでいるが、今後は貧困状態になる原因を取り除くことが課題であり、そのためには行政だけの問題としてではなく、社会全体の問題として解決していかなければならないと考えている。 
  • 「福井市子ども・子育て支援事業計画」を今年3月に策定し、若者が結婚に前向きになるような環境づくりや出産・子育てがし易い環境づくりを充実させる取組を実施していくとともに、進学などで出て行った若者が就職などで福井に戻ってきてくれるような取組を考えていかなければならない。
  • 教科ごとに教室を変わることで授業に集中できなかったり、中学校に進学と同時に異学年との活動を行うことに戸惑いがあったりしたとのことから、学校の行事や活動への取組方法を変更したりしている。しかし、異学年での活動は自己肯定感や自己有用感の面から非常に効果があるといわれており、今後の教育の方法については、学力だけでなく多様な面から検討する必要があると考えている。

これまでの開催情報へもどる

カレンダー

2015年9月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 2829 30      
             

アンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

より詳しくご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。

お問い合わせ先

市民生活部 市民サービス推進課

電話番号 0776-20-5303ファクス番号 0776-20-5753メールフォーム

〒910-8511 福井市大手3丁目10-1(地図) 市役所 本館1階
業務時間 平日8:30~17:15