あじさいトーク「若手農業者勉強会 アンビシ勉強会」

最終更新日 2014年11月14日 印刷

グループ 若手農業者勉強会「アンビシ勉強会」
実施日時

平成26年10月3日(金)19:30~

テーマ

福井市の農業のこれから

会場 農園たやミーティングルーム

taya2taya1

《参加者の意見》

  • 直売所ではお客さんに安くておいしい福井産の野菜を選んでもらっているし、福井のものを食べたいというお客さんはたくさんいると思う。福井市で地産地消を推進するにはどんな方法があるのか。
  • 福井県は、若手の園芸農家が全国的にも少ないと感じている。もともとの農家であれば土地や機械があるが、新しく始めようとしても農地などの問題があって難しい。若手の新規就農を増やすためにはどうすればよいのか。  

《市長の発言》

  • 様々なものが身近に手に入る今日において、地産地消だけでは消費者の欲求を充たすことができず、どうしても無理がある。そのため地産地消で食べられるものと食べられないものを消費者がセレクトしている状況であるが、情報量が少なく、消費者も把握できていないのではないか。レストランと提携したり、インターネットを利用したり、様々なツールを用いて情報発信ができ、消費者の理解が進めば地産地消が進むことになるのではないか。
  • 現在、農家の数や農地面積は減ってきており、あまりいい状況ではない。そのような中で新規就農者を増やすためには、これからの農業をどう魅力的なものにしていくか、ということに尽きる。また園芸作物には共済制度がないなど、多くの課題があるが、第一次産業を潰したら国は滅びると思っているので、新規就農者の受け皿づくりなど、農林水産業が守られるような体制作りが必要である。農家の皆さんには、これからの農業にしっかりと夢を持っていってもらいたい。

 

これまでの開催情報へもどる

アンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

より詳しくご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。

お問い合わせ先

市民生活部 市民サービス推進課

電話番号 0776-20-5303ファクス番号 0776-20-5753メールフォーム

〒910-8511 福井市大手3丁目10-1(地図) 市役所 本館1階
業務時間 平日8:30~17:15