あじさいトーク「NPO法人 命のバトン」

最終更新日 2017年3月10日 印刷

グループ NPO法人 命のバトン
実施日時

平成29年2月12日(日)10:00~

テーマ

小学校におけるBLS授業について

会場 アオッサ706号室

roba1roba2

《参加者の意見》

  • 実際のところ小学生の力では胸骨圧迫は無理であるが、心臓の位置や胸骨圧迫の姿勢を理解することや、AEDの設置場所を把握しておいたり、緊急時に先生を呼びに行ったりすることはできる。あとは体が大きくなればついてくる。小学生にBLS(Basic Life Support=一次救命)の完成度の高さは求められないが、理解を深めることは必ず次に繋がっていくと思っている。
  • 活動を始めた頃に比べたら、先生方にも本当に理解いただいているし、高校で講習したときに「BLSを知っている人」と聞くと手が挙がるようになった。しかしながら、小学校でのBLS授業の実施は、まだばらつきがある状態である。子どもが18歳になるまでに、BLSが身につくようにしていきたいと思っている。

《市長の発言》

  • 倒れた人への対応の流れを小学生のうちから理解することは、これから先の人生の中でも重要なことだと思う。
  • 消防・教育委員会としっかりと議論し、皆さんの力を貸していただきながら、できるだけ底辺拡大に努めていきたいと思う。

これまでの開催情報へもどる

アンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

より詳しくご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。

お問い合わせ先

市民生活部 市民サービス推進課

電話番号 0776-20-5303ファクス番号 0776-20-5753メールフォーム

〒910-8511 福井市大手3丁目10-1(地図) 市役所 本館1階
業務時間 平日8:30~17:15