今年の1月15日に家を取り壊しましたが、今年度の課税の対象になっています。払う必要がありますか?

最終更新日 2019年2月26日 印刷

質問

今年の1月15日に家を取り壊しましたが、今年度の課税の対象になっています。払う必要がありますか?

回答

 その年の1月1日現在に存在している課税対象の建物に対しては、当該年度分の税の全額を課税します。
 固定資産税・都市計画税の賦課期日は毎年1月1日です。このため、その年の1月1日にある課税対象の建物に対しては、1月15日の取り壊しであっても、当該年度分の全額を課税します。
 ※取り壊したときの手続きについて
 登記済家屋の場合は、法務局で家屋滅失登記をしてください。
 未登記家屋の場合は、資産税課家屋担当へご連絡ください。  

関連リンク

なし

アンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

より詳しくご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。

お問い合わせ先

財政部 資産税課

電話番号 0776-20-5315ファクス番号 0776-20-5771メールフォーム

〒910-8511 福井市大手3丁目10-1(地図) 市役所 本館2階
業務時間 平日8:30~17:15