後期高齢者医療制度の開始に伴う被扶養者の国民健康保険加入について

最終更新日 2016年1月4日 印刷

国民健康保険への加入手続きを忘れずに!!

 平成20年4月から、会社等で被用者保険にご加入の被保険者本人が、後期高齢者医療制度(注1)へ移る場合、その被扶養者も同時にこれまでの被用者保険から脱退することになります。

 他の健康保険に加入されない場合は、福井市国民健康保険へ加入していただくことになり、届出が必要です。

対象者

  • 後期高齢者医療制度へ移る方の被扶養者で、74歳以下の方
  • 75歳以上の方は後期高齢者医療制度へ自動的に加入となります

届出場所

  • 市役所本館2階 保険年金課 または 各総合支所 福祉保健課

持ち物

  • 被用者保険の資格喪失連絡票
  • 印鑑(シャチハタ印は不可)
  • 本人確認書類(運転免許証やパスポートなど)
  • 扶養を外れる方の個人番号カードまたは通知カード(写しでも受け付けます)
  • 福井市国民健康保険証(世帯内に福井市国民健康保険加入者がいる場合)
  • 年金証書(64歳以下の年金受給者のみ)

(注1)後期高齢者医療制度とは、75歳以上の方(65歳から74歳までで一定の障害認定を受けた方を含む。)を対象に、平成20年4月から始まった新しい医療保険制度です。

アンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

より詳しくご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。

お問い合わせ先

保健衛生局 保険年金課

電話番号 0776-20-5383ファクス番号 0776-20-5747メールフォーム

〒910-8511 福井市大手3丁目10-1(地図) 市役所 本館2階
業務時間 平日8:30~17:15