新型コロナウイルス感染症の影響による介護保険料の減免について

最終更新日 2020年7月3日 印刷

新型コロナウイルス感染症の影響により著しく収入が減少した場合の保険料減免の特例

新型コロナウイルス感染症により、世帯の主たる生計維持者が死亡し、又は1か月以上の治療を有した方や、新型コロナウイルス感染症の影響により、世帯の主たる生計維持者の収入減少が見込まれる方に対し、介護保険料を減免します。 

保険料減免の対象となる方

 (1) 新型コロナウイルス感染症により、世帯の主たる生計維持者が死亡し
   又は1か月以上の治療を有した方
   ⇒ 保険料を全額減免

 (2) 新型コロナウイルス感染症の影響により、世帯の主たる生計維持者の
   収入減少(※)が見込まれる方  
   ⇒ 保険料を全額又は一部減免
   次の(1)(2)両方の要件を満たすことが必要となります

   世帯の主たる生計維持者における
  (1)令和2年の事業収入等(事業収入・不動産収入・山林収入・給与収入)のいずれかが、
    令和元年に比べて10分の3以上減少する見込みであること
  (2)収入減少が見込まれる事業収入等の所得以外の、令和元年の所得の合計額が
    400万円以下であること

  保険料の減免額は、減免対象保険料額( A × B ÷ C )に、減免割合(D)をかけた金額です。
  A:被保険者の保険料額
  B:世帯の主たる生計維持者の10分の3以上の減少が見込まれる令和元年の所得金額
  C:世帯の主たる生計維持者の令和元年の合計所得金額
  D:Cが200万円以下の場合:100%
     Cが200万円を超える場合:80%
     ※主たる生計維持者の事業等の廃止や失業の場合は、合計所得金額にかかわらず100% 

減免の対象となる保険料

 令和2年2月1日から令和3年3月31日までの納期にかかる保険料

申請方法

 介護保険料減免申請書に、下記の書類を添付して申請してください。

 1 世帯の主たる生計維持者が死亡した場合
   □ 死亡診断書(新型コロナウイルス感染症によるもの)

 2 世帯の主たる生計維持者が1か月以上の治療を有した場合
   □ 診断書又は福井市保健所から交付される入院勧告通知書等

 3 世帯の主たる生計維持者の事業収入・不動産収入・山林収入の減少が見込まれる場合
   □ 令和2年の帳簿等
   □ 補填金がある場合は、保険の契約書等
   □ 事業等を廃止した場合は、廃業等届出書

 4 世帯の主たる生計維持者の給与収入の減少が見込まれる場合
   □ 令和2年の給与明細等
   □ 失業の場合は、雇用保険受給資格者証又は事業主の証明書

 ※ 申請を希望される方は、事前に電話でお問い合わせください。
   申請期限は、令和3年3月31日です。

注意事項

 以下の場合は、減免対象となりませんので、ご注意ください。
   世帯の主たる生計維持者の事業収入等(事業収入・不動産収入・山林収入・給与収入)は減少し
   ておらず、それ以外の収入(株式収入など)が減少している場合
   世帯の主たる生計維持者の事業収入等は減少しておらず、主たる生計維持者以外の事業収入等が
   減少している場合
   新型コロナウイルス感染症以外の影響(自己都合による退職、あらかじめ予定されていた事業所
   等の移転 など)により、事業収入等が減少している場合

各種プラグインについて

  • PDFファイルを開くことが出来ない方は、Adobe Reader(新しいウインドウが開き、福井市のサイトを離れます)をご利用ください。

アンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

より詳しくご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。

お問い合わせ先

保健衛生局 介護保険課

電話番号 0776-20-5715ファクス番号 0776-20-5766メールフォーム

〒910-8511 福井市大手3丁目10-1(地図) 市役所 別館2階
業務時間 平日8:30~17:15