災害時安否確認台帳及び障がい福祉サービス事業所のご連絡先登録について

最終更新日 2020年5月12日 印刷

本市独自基準について(非常災害対策等)

平成31年4月1日から、本市条例により下記事項が義務付けられています。

(1)非常災害対策計画を作成すること。

・利用者の障がい種別や程度、医療的ケアの必要性、その他特に配慮すべき事項等を踏まえた 計画内容としてください。
・事業所の規模、立地条件(土砂崩れや河川の氾濫の危険性等)を考慮した計画内容としてく ださい。
  ※本市が提出を求めた場合に提出ください。

(2)地域との連絡体制を整備すること。

平常時から、地域住民が参加する防災訓練に従業者や利用者等を参加させる等、地域との連絡体制を整備してください。

(3)非常災害対策に係る事項を利用者に周知すること。

・利用者の障がいの特性に応じた適切な配慮をもって定期的に避難訓練や非常災害対策計画の 内容等の非常災害対策に係る事項を利用者に周知してください。

(4)利用者の安否情報を報告する等、本市との連携を図ること。

<平常時>
・平常時から所定の災害時台帳※を作成し、変更があった場合は随時更新する等、適切に管理してください。(平常時は本市への提出不要です。)
・事業所ごとの電話番号、ファックス番号及びメールアドレスを下記様式で障がい福祉課に届け出てください。(当該連絡先は、非常災害発生時等における情報共有に使用します。)
- 29、30 年度の事業者説明会でも依頼済み。31 年度より条例上の義務となったため、未届出の事業所は必ず届け出てください。既に届出済みの事業所については、改めての届出は不要ですが、変更があった場合は届出てください。
<非常災害発生時>
・非常災害の発生により事業所を休業する場合は、その旨を障がい福祉課に報告してください。(電話、ファックス、メールのいずれの方法でも可)
・非常災害が発生した場合、利用者の安否を確認し、当該情報を記載した災害時台帳を障がい福祉課にファックス又はメールで提出してください。(利用者全員の安否情報が確認できない状態であっても適宜提出してください。)
・本市から特定の利用者の安否を確認するよう依頼があった場合は、当該利用者の安否を確認してください。(本市は、各事業者からの情報や指定避難所の情報等をもとに、事業者からの問い合わせに回答します。)
※事業者の役員、従業者自身やその家族等の安全を確保してから行えば足りるものとします。 
 ※災害時台帳及び連絡先登録様式については、原則として本ページに掲載しているものを使用すること。 
・避難所での生活が適当でない要配慮者について、本市から受入要請を受けた事業者は、事業所の被災状況等を踏まえ、受入が可能な場合は、その範囲内で受入れにご協力ください。

災害時安否確認台帳

災害時に、障がいのある方の安否状況等の情報を本市と障がい福祉サービス事業者等とで共有を図るため、障がい福祉サービス事業者等に災害時安否確認台帳の作成をお願いしています。障がい福祉サービス事業者等の方は、下記様式に従い台帳の作成をお願いします。

障がい福祉サービス事業所等のご連絡先登録様式

災害時等における障がい福祉サービス事業者等との連絡体制を確保するため、障がい福祉サービス事業者等にメールアドレスの登録をぎむづk。障がい福祉サービス事業者等におかれましては、下記様式により法人ごとに取りまとめのうえ、メールにて提出いただきますようお願いします。
※災害時以外の連絡手段としても使用します。

各種プラグインについて

  • ワードファイルを開くことが出来ない方は、Word Viewer(新しいウインドウが開き、福井市のサイトを離れます)をご利用ください。

  • PDFファイルを開くことが出来ない方は、Adobe Reader(新しいウインドウが開き、福井市のサイトを離れます)をご利用ください。

  • エクセルファイルを開くことが出来ない方は、Excel Viewer(新しいウインドウが開き、福井市のサイトを離れます)をご利用ください。

アンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

より詳しくご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。

お問い合わせ先

福祉保健部 障がい福祉課

電話番号 0776-20-5435ファクス番号 0776-20-5407メールフォーム

〒910-8511 福井市大手3丁目10-1(地図) 市役所 別館1階
業務時間 平日8:30~17:15