冬の健康管理について

最終更新日 2020年11月12日 印刷

 

冬の健康管理について

  例年、冬季には風邪をはじめ、インフルエンザやウイルス性胃腸炎などの感染症が流行しますが、今年は新型コロナウイルス感染症も同時流行する可能性があるので、感染予防をいつも以上に徹底しましょう。

 

1)「インフルエンザ」

 インフルエンザは感染力が強く、高熱になり重症化しやすいが、現在では予防接種が有効なこともあり、接種後に抗体が出来れば比較的に症状が軽く済む場合も多い。なお、抗体が出来るまで2~4週間程度要するため、早めの準備が望ましい。

 

2)「ウイルス性胃腸炎」

 ウイルス性胃腸炎はノロウイルスやロタウイルスに感染し、嘔吐や下痢を起こす「お腹の風邪」といわれるものであり、ノロウイルスにあっては主に冬に流行し、接触感染と経口感染がある。

 

3)「新型コロナウイルス」

 基本的な症状はインフルエンザに近いものであり、発熱、咳、全身の倦怠感、呼吸苦を訴えることがあるが、未だワクチンが開発されていないこともあり、症状についてはばらつきがある。

 

◎予防方法

 (1)外出時のマスク着用を常に心がける

 (2)3密に注意(密閉・密集・密接)

 (3)こまめな手洗い消毒の実施

 (4)窓口のカウンターやミーティングテーブル・チェア、デスク周りの清掃消毒の実施

 (5)定期的な換気の心掛け

 ※インフルエンザ新型コロナウイルスのような軽く、空気中に長時間漂うことが出来るものには効果があるといわれる

 

☆その他

 これから冬が近づき気温が下がると、私たちの体温も下がりがちになります。私たち人間は体温が下がるとそれに伴い「免疫力」が低下することが知られています。加えて、全身の筋肉を動かすことが「免疫力」を向上させることも近年になり知られてきております。自宅に居ても寒さ対策を実施したうえ、全身の運動を心掛け、身体の持つ免疫力を高めてウイルス等に打ち勝つよう冬季の健康管理に努めていきましょう。

アンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

より詳しくご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。

お問い合わせ先

消防局 中消防署

電話番号 0776-22-0119ファクス番号 0776-22-0901メールフォーム

〒910-0003 福井市松本4丁目9-36(地図)
業務時間 平日8:30~17:15