暖房器具の取扱いにご注意!!

最終更新日 2019年11月18日 印刷

暖房器具の取扱いにご注意!!

最近、暖房器具に起因する火災が多く発生しています。

暖房器具から火災が発生する場合の多くは、使用者の「誤使用・不注意」が原因です。

暖房器具の正しい使い方

1 衣類などの可燃物の近くで使用しないでください。

■ ストーブの上で洗濯物を乾燥すると、落下した時、火災となるおそれがあるのでやめましょう。

■ カーテンや衣類・布団・ふすまなどのそばでは使用しないようにしましょう。

ストーブ画像

2 エアゾール缶やスプレー缶などをストーブやファンヒータなどの暖房器具の上や近くに放置していると、放射熱や熱伝導で過熱され、缶の内圧が上昇して破裂し、爆発するおそれがあるので絶対やめましょう。

ストーブ画像3

3 寝るときや外出するときは必ず火を消しましょう。

■ 布団などが接触して火災となるおそれがあるので、寝るときや外出するときは暖房器具等のスイッチを切る習慣を身につけましょう。

ストーブ画像2

■ 電気ストーブ・石油ファンヒータを長期間使用しないときは、誤ってスイッチが入ることを防ぐためにコンセントを抜きましょう。また、収納するときは、灯油と電池を抜きましょう。

4 石油ストーブ等のカートリッジタンクの口金は確実に締まったことを確認してからセットしてください。

給油時は必ず消火し、火が消えたことを確かめてから給油しましょう。

■ カートリッジタンクへの給油は、石油ストーブ等とは別の場所・火気のない場所で行いましょう。

■ 火気のないところで、カートリッジタンクから灯油が漏れないことを確認してからセットしましょう。また、漏れてしまった油は、よく拭き取りましょう。

カートリッジタンク

アンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

より詳しくご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。

お問い合わせ先

消防局 予防課

電話番号 0776-20-3997ファクス番号 0776-20-3119メールフォーム

〒918-8237 福井市和田東2丁目2207(地図) 消防局庁舎(防災センター)4階
業務時間 平日8:30~17:15