飛沫感染防止用ビニールシート等を設置する場合は注意してください

最終更新日 2020年5月26日 印刷

  飛沫感染防止用のビニールシート等を設置する場合は注意してください

  新型コロナウイルス感染症の感染防止策として、窓口やレジなどに設置する塩化ビニル素材などの「ビニールシート」等を設置する場合は、次のことに注意してください。

ビニールカーテンビニールカーテン2

1 火気の近くに設置しない

 ビニールシート等は燃えやすい素材であるため、コンロなどの火気や照明器具(白熱灯)の近くには設置しないよう注意してください。

 

2 消防用設備等の障害になっていないか確認しましょう

 自動火災報知設備の感知器やスプリンクラーヘッドの付近に設置すると、火災が発生した際、火災を感知しない場合や散水障害となる場合があります。設備からの距離や間隔をあけるようにしてください。

 

3 消防署に相談を

 建物の用途や設置場所、ビニールシート等の大きさによっては、防炎性能を有するビニールシート等を使用する必要もありますので、詳しくは最寄りの消防署までご相談ください。

アンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

より詳しくご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。

お問い合わせ先

消防局 予防課

電話番号 0776-20-3997ファクス番号 0776-20-3119メールフォーム

〒918-8237 福井市和田東2丁目2207(地図) 消防局庁舎(防災センター)4階
業務時間 平日8:30~17:15