通電火災にご注意ください

最終更新日 2020年7月9日 印刷

通電火災には注意しましょう!

 近年、毎年のように大雨による洪水や土砂災害などの水害が発生しています。これらの水害により長時間の停電が発生した場合、水没した電気機器等が再通電すると火災が発生するおそれがありますので、以下の点にご注意ください。

・停電中は電気機器のスイッチを切るとともに、電源プラグをコンセントから抜きましょう。

・停電中に自宅等を離れる際は、ブレーカーを落としましょう。

・給電が再開時には、漏水等により電気機器等が破損していないか、配線やコードが損傷していないか、燃えやすいものが近くにないかなど、十分に安全を確認してから電気機器を使用しましょう。

・建物や電気機器に外見上の損傷がなくとも、壁内配線の損傷や電気機器内部の故障により、再通電後、長時間経過した後、火災に至る場合があるため、煙の発生等の異常を発見した際は直ちにブレーカーを落とし、消防署へ連絡しましょう。

水害

【参考】消防庁ホームページ(通電火災対策)

 www.fdma.go.jp/pressrelease/info/items/200707_yobou_1.pdf(新しいウインドウが開きます)

通電火災

アンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

より詳しくご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。

お問い合わせ先

消防局 予防課

電話番号 0776-20-3997ファクス番号 0776-20-3119メールフォーム

〒918-8237 福井市和田東2丁目2207(地図) 消防局庁舎(防災センター)4階
業務時間 平日8:30~17:15