まちづくり交付金事後評価の公表-福井市「燈明寺地区」

最終更新日 2014年1月27日 印刷

 福井市では、平成18年度から平成22年度にかけて、「燈明寺地区」における区画整理事業の整備推進のため、まちづくり交付金を活用して地域のまちづくりに取り組んできました。

1.まちづくり交付金とは

 まちづくり交付金とは、地域の歴史・文化・自然環境等の特性を活かした個性あふれるまちづくりを実施し、都市の再生を効率的に推進することにより、地域住民の生活の質の向上と地域経済・社会の活性化を図るための制度です。

2.事後評価の目的

 まちづくり交付金がもたらした成果等を客観的に診断し、成否の要因を分析して、今後のまちづくりを適切な方法に導くとともに、これらを住民の皆さんに分かりやすく説明することを目的としています。

3.事後評価の流れ

1.事後評価方法書の作成

 都市再生整備計画に記載した数値目標の計測時期や計測方法等の評価の実施方法を事前に取り決めておくものです。

2.事業の成果・実施過程の検証

 都市再生整備計画に記載した数値目標の達成状況を確認するとともに、成果の発現に至ったプロセスや要因を分析します。

3.今後のまちづくり方策の検討

 事業の実施により得られた知見を今後のまちづくりへと反映し、事業終了後における交付金の効果の持続を図るための方策を検討します。

4.事後評価シート(原案)の公表及び意見の募集

 以上の手続きをもって作成された事後評価シートに対して広く市民から意見を募集することを目的として、事後評価シート(原案) として公表します。

5.評価結果のチェック

 事後評価の合理性・客観性を担保するために、第三者により構成されるまちづくり交付金評価委員会で、事後評価全般にわたる評価作業の適切性の確認を受けます。

6.フォローアップ

 事後評価の段階では、指標の数値が見込み値であるため、その後フォローアップで確定値を計測します。  
 

4.事後評価シート(原案)の公表及び意見の募集(終了)

 平成22年11月1日から同月15日まで、事後評価シート(原案)を公表し、意見を募集しました。

5.事後評価結果の公表

 まちづくり交付金制度により整備した、「燈明寺地区」 の事後評価結果を公表します。

6.事後評価のフォローアップ結果の公表

  事後評価結果作成時に効果の測定が難しく、見込み値で評価を実施した指標については、まちづくり交付金交付終了後、「確定値」を測定できる適切な時期に再評価(フォローアップ)を行っています。このたび、フォローアップの結果報告書を作成いたしましたので、公表いたします。

各種プラグインについて

  • PDFファイルを開くことが出来ない方は、Adobe Reader(新しいウインドウが開き、福井市のサイトを離れます)をご利用ください。

アンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

より詳しくご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。

お問い合わせ先

建設部 区画整理課

電話番号 0776-20-5470ファクス番号 0776-20-5749メールフォーム

〒910-8511 福井市大手3丁目10-1(地図) 市役所 本館4階
業務時間 平日8:30~17:15