新型コロナウイルス感染症の影響に対応するための沿道飲食店等の路上利用に伴う道路占用の取扱いについて

最終更新日 2020年6月22日 印刷

 福井市では、新型コロナウイルス感染症の影響に対応するための沿道飲食店等の路上利用に伴う道路占用の取扱いについて、緊急措置を講じます。

緊急措置の内容

    新型コロナウィルス感染症の影響を受ける飲食店等を支援するための緊急措置として、沿道飲食店
   等の路上利用に伴う道路占用の許可に当たり、無余地性の基準について弾力的に判断します。

   ※ 無余地性の基準とは
      道路上に物件を設置することにより、道路の構造や交通に影響が生じるため、一般交通の用に
     供するという道路の本来目的からは好ましくないものである以上、道路の敷地外に余地がある場
     合に占用を認める必要はないことから、道路の敷地外に余地がないためにやむを得ないものに限
     り占用を許可できるという基準。

緊急措置の対象となる要件

新型コロナウィルス感染症対策のためのものであること

  ・ 新型コロナウィルス感染症対策のための暫定的な営業であること
  ・ 「3密(密閉・密集・密接)」の回避や、「新しい生活様式」の定着に対応すること
  ・ テイクアウト、テラス営業のための仮設施設の設置であること

占用主体

  ・ 協議会 等
  ・ 都市再生推進法人 等
  ・ 商店街振興組合、商工会 等
    ※ 上記のいずれかに該当する団体が一括して占用許可を申請してください。なお、個別店舗
     ごとの申請については緊急措置の対象となりませんが、占用は許可できる場合がありますの
     で、
監理課までご相談ください。
       

占用の期間

  令和269日(火)から令和21130日(月)まで
  ※ 期間内において必要最低限の占用期間を設定してください。
  ※ 12月1日(火)以降の措置については、上記期間中の実施状況や国、県の動向を踏まえて検討しま
   す。

占用の場所

  ・ 道路の構造又は道路交通に著しい支障を及ぼさない場所であること。
  ・ 歩道上に沿道飲食店等の路上利用に伴う占用物件を設置する場合には、原則として、十分な歩行空
   間(交通量が多い場所にあっては3.5m以上、その他の場合においては2.0m以上)を確保してくださ
   い。ただし、曜日若しくは時間を限って実施する場合又は交通規制を行う場合で、歩行者の円滑な通
   行が確保される場合については、この限りではありません。

占用物件の構造

  道路の構造に支障を及ぼさないものであり、かつ、周辺の景観、美観等を妨げないものとしてくださ
 い。

道路維持管理への協力

  当該物件の設置場所、及びその周辺の清掃、除草、植樹の剪定などの道路維持管理にご協力ください。 

占用許可の条件

  一般的な条件のほか、次の条件を付します。
  ・ 迂回路や駐車場等の交通案内を行うこと。
  ・ 沿道飲食店等の路上利用により多数の来客が見込まれる場合は、十分な駐車場等を確保すること。
  ・ 沿道飲食店等の路上利用の終了後は、道路の清掃を行い、原状回復すること。
   ※ 屋外客席などを設置する場合、営業時間終了後に客席を店内にしまい、道路の清掃を行い、原状
    回復してください。


占用料

  免除 (道路維持管理にご協力いただける場合、占用料が免除になります。)
 

関連記事

アンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

より詳しくご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。

お問い合わせ先

建設部 監理課

電話番号 0776-20-5555ファクス番号 0776-20-5563メールフォーム

〒910-8511 福井市大手3丁目10-1(地図) 市役所 本館4階
業務時間 平日8:30~17:15