6月は「土砂災害防止月間」です -みんなで防ごう土砂災害-

最終更新日 2016年7月15日 印刷

福井豪雨写真平成16年7月 福井豪雨

危険を感じたら早めの避難

  • 避難の道順を決めておく

避難する道に危険な場所がないか、日頃から調べておきましょう。

  • 危険場所を調べておこう

危険箇所図は福井土木事務所、市河川課で見ることができます。日頃からどこが危険か、避難場所はどこか、確認しておきましょう。

  • お年寄りは早めに避難させよう

犠牲者の半数以上を占めるのは、お年寄りなど避難行動要支援者です。移動時間を考えて早めの避難を。

  • 防災無線や広報車による呼びかけに注意する

強い雨や長雨の時などは、広報車の呼びかけ等に注意しましょう。

土砂災害警戒情報に注意しよう

土砂災害警戒情報は大雨による土砂災害発生の危険性が高まったときに、市長が住民への避難勧告等を適切に行えるように支援するとともに、住民自らの避難の判断にも参考になるよう、福井県と福井地方気象台が共同で発表する情報です。土砂災害警戒情報に基づき避難をしましょう。

土砂災害に対する認識を深めよう

土砂災害防止法に基づく土砂災害警戒区域等に指定されると、ハザードマップの作成等、警戒避難体制の整備が進められます。このとき住民自らが主体となって、地域で発生した過去の土砂災害の伝承や危険箇所、避難所の位置などを書き入れた手作りのハザードマップを作成すると、土砂災害についての認識を深めるのに役立ちます。 

関連記事

アンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

より詳しくご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。

お問い合わせ先

建設部 河川課

電話番号 0776-20-5492ファクス番号 0776-20-5745メールフォーム

〒910-8511 福井市大手3丁目10-1(地図) 市役所 本館4階
業務時間 平日8:30~17:15