【H30.7.13】平成30年度福井市北陸新幹線建設協議会総会

最終更新日 2019年6月7日 印刷

 7月13日(金曜日)に、福井県国際交流会館 多目的ホールにて福井市北陸新幹線建設促進協議会の平成30年度総会を開催しました。

 はじめに、会長である東村 福井市長が「今年3月には新幹線福井駅舎のデザイン案が決まり、平成34年度末の開業に向けて、市民の期待感も高まっている。新幹線福井駅舎の東口に合築する拡張施設についても、県都の玄関口として、快適で利便性の高い施設となるよう新幹線駅舎と一体的に整備を進めているところである。また、敦賀・大阪間については、昨年3月に全ルートが決定したが、着工時期は平成42年度末の北海道新幹線札幌開業後とされており、一日も早い大阪までのフル規格による整備を望むものである。北陸新幹線の全線開通は、地方創生の推進や地域経済の再生のためにも必要不可欠であるため、県や経済界、関係機関と力を合わせ、これまで以上に取組みを強めていきたい。」と挨拶しました。

 次に、来賓の山田賢一 福井県副知事、山本拓 衆議院議員、山本文雄 県議会議長が挨拶され、(独)鉄道建設・運輸施設整備支援機構大阪支社 萩原秀樹 工事第三部長からは「福井市内の北陸新幹線の建設状況」のご講話をいただきました。

 議事では、福井市北陸新幹線建設促進協議会の平成29年度の事業報告及び30年度の事業計画(案)、決議(案)を議題にあげ、承認されました。

 決議には、「敦賀以西について、速やかな建設財源の確保により早期着工し、北海道新幹線札幌開業より早い大阪までのフル規格による全線開業を図ること 」、「北陸と関西・中京間のアクセスについて、在来線特急の運行本数の維持・拡大や所要時間の短縮などにより、利便性の向上を図ること 」、「福井駅に合築する拡張施設整備の着実な推進のため財政支援を図ること」等が盛り込まれています。

 最後に、経済界を代表して吉田敏貢 福井商工会議所副会頭が挨拶され、北陸新幹線の大阪までの全線整備が一日も早く実現するよう、ガンバロウ三唱を行いました。

協議会総会の開催状況協議会総会の開催状況

協議会総会の開催状況2協議会総会の開催状況2

ガンバロウ三唱ガンバロウ三唱

各種プラグインについて

  • PDFファイルを開くことが出来ない方は、Adobe Reader(新しいウインドウが開き、福井市のサイトを離れます)をご利用ください。

アンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

より詳しくご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。

お問い合わせ先

都市戦略部 新幹線整備課

電話番号 0776-20-5180ファクス番号 0776-20-5139メールフォーム

〒910-8511 福井市大手3丁目10-1(地図) 市役所 本館6階
業務時間 平日8:30~17:15