北陸新幹線建設工事の進捗状況について

最終更新日 2020年8月7日 印刷

北陸新幹線の建設工事が進んでいます

現在福井市内では、令和4年度末の開業を目指して北陸新幹線の建設工事が進められています。

ここでは、着実に整備が進む北陸新幹線建設工事の進捗状況についてお知らせいたします。

本年度の進捗状況

福井市の工事進捗状況(PDF形式 959キロバイト)

(1)新幹線高架橋が国道8号線の上空に架かりました(令和2年7月)   
(2)拡張施設敷地の埋蔵文化財発掘調査を行っています(令和2年8月)

新幹線高架橋が国道8号線の上空に架かりました(令和2年7月) 

 令和2年7月28日と29日の夜間、福井市下莇生田町で国道8号線をまたぐ新幹線高架の桁架け工事が行われ、国道8号線の上空に橋桁が架かりました。
 国道8号線の上空をまたぐ橋桁は、長さ65mの鋼製の桁です。工事は、橋桁に手延べ桁と呼ばれる仮設の桁を取付け、先に手延べ桁を反対側の橋脚まで押し出し、これを支えにして橋桁を移動させていきます。国道8号線の上空を2日間かけて慎重に移動させ、橋桁の設置が完了しました。
 今後、橋桁を橋脚に取り付ける工事や橋桁の仕上げ工事を行い、高架橋が完成します。
mae
 ↑桁架け工事前の状況です。国道8号線の横にある高架橋の上に橋桁と手延べ桁が乗ってます。(画像提供:鉄道・運輸機構)
totyuu1
 ↑手延べ桁を反対側の橋脚まで押し出しています。(画像提供:鉄道・運輸機構)
totyuu2
 ↑手延べ桁を支えにして橋桁を移動させています。(画像提供:鉄道・運輸機構)
kanryou
 ↑橋桁の移動が完了し、国道8号線の上空に新幹線高架が架かりました。

拡張施設敷地の埋蔵文化財発掘調査を行っています(令和2年8月)

 北陸新幹線福井駅部は、高架橋に関する工事がほぼ終わり、福井市拡張施設の建設に向けて埋蔵文化財発掘調査が行われています。
 調査が終わると、大型クレーンが設置され、新幹線福井駅舎の上屋工事が本格的に始まります。
zenkei 
 ↑新幹線福井駅部の様子
maibunn
 ↑埋蔵文化財発掘調査の様子

令和元年度以前の情報についてはこちら

各種プラグインについて

  • PDFファイルを開くことが出来ない方は、Adobe Reader(新しいウインドウが開き、福井市のサイトを離れます)をご利用ください。

アンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

より詳しくご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。

お問い合わせ先

都市戦略部 新幹線整備課

電話番号 0776-20-5180ファクス番号 0776-20-5139メールフォーム

〒910-8511 福井市大手3丁目10-1(地図) 市役所 本館6階
業務時間 平日8:30~17:15