ホーム くらし交通・除雪・公園北陸新幹線令和3年度「並行在来線開業準備事業」小中学生図画ポスターコンクール結果発表

最終更新日:2021年12月4日

令和3年度「並行在来線開業準備事業」小中学生図画ポスターコンクール結果発表


応募作品数・入賞作品数

(1)応募作品数  963点    

  •   (内訳)小学校低学年の部   454点
  •       小学校高学年の部   368点
  •       中学生の部      141点

(2)入賞作品数   35点

  •   (内訳)優秀賞  9点
  •       入賞   26点

審査員

  •  福井市中学校美術部会 会長 吉田 千春(審査員長)
  •  福井市小学校図工部会 会長 石堂 和代
  •  豊公民館       館長 岩永 利明
  •  森田公民館      館長 酒井 忠正
  •  文殊公民館      館長 中村 准
  •  福井県並行在来線準備株式会社 代表取締役社長 小川 俊昭

審査総評

   今回約1000点の作品が応募され、その中でも入賞した作品は、発想が豊かで色彩が美しく、作者の駅に対する思いが強く表現されていました。

   小学生の作品は、駅を人々が集まる場として描いたものが多く、恐竜王国福井をイメージした作品や、たくさんの花や緑の樹々で利用客を和ませたいという作品、人々の歌声が聞こえる駅を提案した作品など、私たち審査員も楽しい気持ちで審査をすることができました。

   中学生の作品は、キャッチフレーズに駅に対する思いが込められている作品ばかりでした。毎日の通勤や通学で利用する駅、旅立ち、帰郷のシンボルとしての駅など、どんなときも利用客の思いを受け止めてくれる癒しの場としての駅をイメージした作品がとても印象的でした。

   改めて、身近な駅の大切さを子供たちの作品から感じさせていただきました。ありがとうございました。

                                   審査員長 吉田 千春

優秀賞(小学校低学年の部)

題材:森田駅

「恐竜に会える駅」      

 森田小学校 2年

 手鹿 泰良 さん        

1

『審査講評』 駅と恐竜とをコラボさせた、とても楽しい作品です。色使いも良く、画力の素晴らしさにびっくりしました。走る列車も恐竜仕様となっており、楽しい駅だけではなく、夢のある在来線になるよう描かれていてとても良い作品です。(酒井審査員)

題材:越前花堂駅

「えがおいっぱい楽しい駅」                                          

 福井大学教育学部

 附属義務教育学校 3年

   竹内 一之優 さん     

   4      

 『審査講評』 大勢の人が描かれていて、みんな笑顔でとても好ましいです。色使いが明るく、行ってみたくなる駅をよく表現しています。駅前にお店も描き込まれていて、親子連れの姿も多く楽しい雰囲気に満ちています。大きな木に鳥が止まっていて、それも人々が集まる場所を示しているようです。(岩永審査員)

題材:大土呂駅

 「うたのあふれるえき」                                      

 

 和田小学校 1年   

 小川 正 さん     

 7     

『審査講評』 駅でのカラオケ大会に、子どもからお年寄りまで様々な世代の人が集まる、にぎやかな雰囲気を、たくさんの色を使ってカラフルに描いています。電車のお客さんにも歌声が聴こえてきて、楽しい気分にさせてくれる駅です。(小川審査員)

優秀賞作品(小学校高学年の部)

題材:森田駅

「だれもがくつろげる駅」

 

 松本小学校 5年

 木村 咲月 さん

        

 2

『審査講評』  現在の森田駅をベースにしていて、森田の人が親しみのあるものとなっています。色使いもカラフルで、こんな駅だったら癒しの空間になると思いました。紙いっぱいに花と水と小鳥などの小動物が描かれていて、これからの森田駅の姿としての素晴らしいアイディアとなりました。(酒井審査員)

題材:越前花堂駅

「緑に包まれた明るい駅」                           

 

 豊小学校 5年 

 巨橋 美玲 さん

        

 5     

『審査講評』 緑がふんだんに使われていて、うまく表現されています。絵にコントラストがあり、新幹線も立体的に描かれていて将来を感じさせてくれます。駅の周辺も細かいところまで丁寧に描き込まれていて好ましいです。配色もよく考えられていて、中央部が際立つよう工夫されています。(岩永審査員)

題材:大土呂駅

「自然と調和し人の心が

 和む駅」       

 

 麻生津小学校 6年

 福野 光莉 さん

        

 8

『審査講評』 青い空、緑の山と田畑が広がる自然あふれる駅に子供や高齢者、外国の人が集い、周りには動物や植物が共生している、そんな夢のような駅であったらという願いが豊かに描かれています。暮らしの中に息づく「駅」のイメージが素敵です。気持ちが楽しくなる絵ですね。(中村審査員)

優秀賞作品(中学生の部)

題材:森田駅

「すきな街・すてきな駅」

 

 藤島中学校 1年

 岡部 莉咲 さん

      

        

 3

『審査講評』 電車を待つ時間、駅の構内で過ごす時間も温かい森田駅であってほしい。おばあちゃんとの思い出からでしょうか、古き良きものを懐かしみ、大事にしていきたいとの作者の思いが強く伝わってきます。繊細な配色や絶妙な構図、丁寧に描かれた駄菓子屋の空間等、いつまでも見ていたい作品です。(石堂審査員)

題材:越前花堂駅

「Artがいーっぱい

 駅を遊びつくせ!!」  

 

 福井大学教育学部

 附属義務教育学校 7年

 宇山 由起 さん

      

        

 6

『審査講評』 駅舎の至るところにトリックアートが描かれ、誰もが行ってみたいと思わせる駅になっています。奥に描かれた電車の車窓から眺める、楽しそうな駅の風景も想像でき、開業に向けて夢が膨らむ作品です。(小川審査員)

題材:大土呂駅

「青い駅         

 

 足羽中学校 1年       

 永森 迦蓮 さん       

      

        

9

『審査講評』 青一色で統一された幻想的な駅舎が描かれています。「青い駅」という作品名からも、いつも青い空を眺められる駅だったらという作者の心が強く伝わってきます。駅舎の思い出が心の風景となり、夢やイメージとなってこのような作品に表現される駅になると素晴らしいですね。(中村審査員)

入賞作品(小学校低学年の部)

10

入賞作品(小学校高学年の部)

11

入賞作品(中学生の部)

12

募集概要

 こちらをご覧ください。

お問い合わせ先

都市戦略部 新幹線整備課
電話番号 0776-20-5180ファクス番号 0776-20-5139
〒910-8511 福井市大手3丁目10-1 市役所本館6階 【GoogleMap】
業務時間 平日8時30分から17時15分

メールでのお問い合わせはこちら

ページ番号:023849