【注意喚起】新型コロナウイルスに便乗した悪質商法に注意しましょう

最終更新日 2020年5月14日 印刷

 新型コロナウイルス感染拡大に便乗した悪質商法が各地で起きています。

 行政機関の関係者を名乗り電話で個人情報を聞き出したり、業者の名前でマスクの広告メールが届いたりするなど手口は様々です。

 最近では、政府が国民へのマスク配布を始めたことに関連し、マスクなどが一方的に送り付けられて高額な代金を請求されるなどの事例が増えています。注文していない商品が届いても代金を払ったり開封したりしないでください。

 また、市役所職員が各家庭を訪問し、マスクを販売することは絶対にありませんので注意してください。

 急な電話やメールに驚いてその場で応じてしまうこともありますが、個人情報を伝えたり契約したりしないよう気を付けましょう。

  ※「新型コロナウイルスに便乗した悪質商法に注意(速報第3弾)」国民生活センター(新しいウィンドウが開きます)

  ※「新型コロナウイルスに便乗した悪徳商法に注意(速報第4弾)」国民生活センター(新しいウインドウが開きます)

      ※「新型コロナウイルスに便乗した悪徳商法に注意(速報第5弾)」国民生活センター(新しいウインドウが開きます)

      ※「新型コロナウイルスに便乗した悪徳商法に注意(速報第6弾)」国民生活センター(新しいウインドウが開きます)

 

 

アンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

より詳しくご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。

お問い合わせ先

市民生活部 消費者センター

電話番号 0776-20-5070ファクス番号 0776-20-5081メールフォーム

〒910-0018 福井市田原1丁目13-6(地図) フェニックス・プラザ1階
業務時間 平日8:30~17:15