ホーム くらし税金税制損害保険料控除に代わる地震保険料控除の創設

最終更新日:2021年7月16日

損害保険料控除に代わる地震保険料控除の創設


損害保険料控除に代わる地震保険料控除の創設

平成20年度より損害保険料控除に代わり地震保険料控除が創設されます。なお、長期損害保険料控除につきましては経過措置が設けられています。

地震保険料控除(平成20年度課税分から)
種類 要件 控除額
地震保険料控除
※経過措置があります
地震保険料契約に関する保険料の2分の1  
  • 50,000円以下
支払保険料などの金額×1月2日
  • 50,000円超
一律25,000円
【経過措置】
平成18年12月31日までに締結した長期損害保険契約については従前の損害保険料控除が適用されます。
控除限度額10,000円
地震保険料と長期損害保険がある場合 地震保険料控除額と長期損害保険料控除の合計額  
  • 地震保険料と長期損害保険の控除合計額が25,000円以下
それぞれの控除額合計
  • 25,000円超
一律25,000円
住宅や家財等の生活資産にかけられた地震保険料が対象となります

お問い合わせ先

財政部 市民税課
電話番号 0776-20-5306ファクス番号 0776-20-5748
〒910-8511 福井市大手3丁目10-1 市役所本館2階 【GoogleMap】
業務時間 平日8:30~17:15

メールでのお問い合わせはこちら

ページ番号:001015