天井から動物の足音が聞こえたら・・・

最終更新日 2018年12月12日 印刷

家屋の点検は大人の握りこぶしで!

 小動物の被害を受けないためにも家屋の点検・メンテナンスは定期的に行ってください。
 当室に相談がある動物の家屋侵入被害の大半は、床下の通気口もしくは屋根の継ぎ目に穴が空いていた事が原因です。そういった穴は経年劣化等によるものと考えられます。
  アライグマやハクビシン等の頭骨の大きさは大人の握りこぶし一個分といわれており、頭が通る程度の穴が空いていれば小動物は体ごとねじ込んで侵入してしまいます。

握りこぶし比較
 ▲アライグマ・ハクビシンの頭と握りこぶしの比較(画像はイメージです)

通気口の穴1 屋根の穴
 ▲穴の空いた通気口              ▲小動物が破壊した屋根の継ぎ目

たぬき

 ▲通気口から出てきたタヌキ

 点検の際には"握りこぶし一個分"を基準に行ってください。もし、出入り口になっている箇所であれば、周辺に足跡や体毛を残している可能性があります。また、握りこぶし一個分よりも小さい穴であったとしても、イタチが侵入したりする可能性もあるため警戒が必要です。
 一度侵入されてしまうと天井裏をねぐらとします。そこで小動物は生活し、春先には子育てを始めます。事態が深刻化すると天井から糞尿が染み出てきて部屋に悪臭が充満し、最後には腐って抜けてしまったという例もあります。

動物の毛 天井のしみ 
 ▲通気口に残った動物の毛           ▲天井に染み出てきた糞尿の痕

アライグマ天井

 ▲天井裏で生まれたアライグマ

天井裏に小動物が侵入した時は出入り確認トラップ!

 天井裏からドタドタという音がするので確認したら、動物が侵入している痕跡を見つけたという場合、小動物を確実に追い出した上で穴を塞がなければなりません。
 当室で行っている方法としましては次の出入り確認トラップです。
 ※侵入できる穴を複数個発見した場合は出入り確認トラップを仕掛ける穴以外は完全に塞いでください。

(1)穴を板で塞ぎ、中からは出られるが外からは入られない程度に板をブロックで押さえます。

トラップ図1

(2)夜、小動物が天井裏から、外壁と内壁の間を伝って床下から外に出ると、仕掛けた出入り確認トラップの板が倒れ音がします。これを確認したらすぐさま板を戻し、ブロックで二度と侵入されないようにしっかりと穴を塞ぎましょう。

トラップ図2

(3)しっかり塞げば小動物といえども、侵入することは困難となります。しかし、なおも天井裏で音がする場合は(1)と(2)を繰り返し、音がしなくなったところを見計らって、侵入口を完全に塞ぎましょう。

トラップ図3

 なお、適当な板が無い場合は、新聞紙等を詰めたビニール袋を穴に詰めて出入りを確認することも出来ます。詳しくは当室にご相談ください。

アンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

より詳しくご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。

お問い合わせ先

農林水産部 有害鳥獣対策室

電話番号 0776-20-5701ファクス番号 0776-20-5752メールフォーム

〒910-8511 福井市大手3丁目10-1(地図) 市役所 本館5階
業務時間 平日8:30~17:15