秋のクマ対策について

最終更新日 2019年9月6日 印刷

 実りの秋は、クマが冬眠前のエサを求めて活発に活動する季節です。
 9月からはブナやクルミ、クリ、ミズナラの林、10月からはヤマブドウ、カキの実がなっているところに多く出没します。
 クマと不意に遭遇しないため、次のことにご注意ください。

○クマと遭遇しないために
・出没情報があったところやクマの餌になる実がなっているところにはなるべく近づかない。
・早朝、夜間は出会う可能性が高くなるので注意する。
・鈴、拍手、大声、ラジオなど大きな音を出し、自分の存在を知らせる。
・山際の集落では、車庫や小屋は戸を閉め、鍵をかける。
 ※人の気配を察知すると、手軽に逃げ込める建物に隠れることがある。
 ※ガソリンなどの強いにおいや漬物に誘引されることがある。

○クマを誘引しないために
・収穫後の農作物、家庭の生ゴミは野外に放置しない。
・庭先の収穫しないカキやクリなどは放置しないで早めに取り除く。
・家の周囲でハチの巣を見つけたらなるべく早く取り除く。

○もし至近距離でクマに遭遇したら
・落ち着いて、クマに背を向けずに、ゆっくりとその場を離れましょう。
・クマを驚かすので、大声を出すことや、走って逃げることはやめましょう。

akikumafun kumatsume

 ▲カキを食べたクマの糞           ▲柿の木に残ったクマの爪痕

houchikaki kumasuzu

 ▲大量に実り放任された柿          ▲必ずクマ鈴など音の出るものを携帯しましょう

クマを目撃した場合の対応について

 クマを目撃した場合やクマの痕跡を見つけた場合は、直ちに当室、福井市代表(20-5111)又は各総合支所若しくは最寄の警察署にご連絡ください。

 また、福井県では、「福井クマ情報」にて過去のツキノワグマの出没情報を公開しています。メールマガジンに登録すると、クマ出没時には情報を受け取ることが出来ます。
 詳しくは、リンク先をご覧ください。

 →福井クマ情報 (Fukui Bear Infomation)

各種プラグインについて

  • PDFファイルを開くことが出来ない方は、Adobe Reader(新しいウインドウが開き、福井市のサイトを離れます)をご利用ください。

アンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

より詳しくご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。

お問い合わせ先

農林水産部 有害鳥獣対策室

電話番号 0776-20-5701ファクス番号 0776-20-5752メールフォーム

〒910-8511 福井市大手3丁目10-1(地図) 市役所 本館5階
業務時間 平日8:30~17:15