新型コロナウイルス感染症対応休業支援金・給付金について(国の支援制度)

最終更新日 2021年7月9日 印刷

<お知らせ>
 緊急事態宣言などの情勢に応じて制度が改正されていますので、新たに対象となる場合があります。
 最新情報は厚生労働省ホームページをご確認ください。

 厚生労働省HP https://www.mhlw.go.jp/stf/kyugyoshienkin.html

新型コロナウイルス感染症対応休業支援金・給付金

 新型コロナウイルス感染症の影響により休業させられた中小企業の労働者のうち、休業手当の支払いを受けることができなかった労働者に対し支給されます。短時間勤務、シフトの日数減少なども対象になります。

給付対象

 主に以下の条件に当てはまる方に休業前賃金の8割、日額上限11,000円を、休業実績に応じて支給されます。令和3年5月~7月分は原則、日額上限9,900円となります。
(1)令和2年4月~令和3年7月(令和2年4月~9月分については別途条件あり)までに、新型コロナウイルス感染症の影響を受けた事業主が休業させた中小事業主に雇用される労働者
(2)その休業に対する賃金(休業手当)を受けることができない方

 いわゆる日々雇用やシフト制の方も、条件を満たせば支援金・給付金の対象となります。
※令和3年2月5日には、大企業に雇用される方で、シフト制・日々雇用・登録型派遣など労働契約上、労働日が明確でない方につきましても対象になりました。

留意事項

・申請に必要な支給要件確認書の作成に事業主のご協力が得られない場合、その旨を支給要件確認書に記載の上、労働者から申請することができます。

アンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

より詳しくご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。

お問い合わせ先

商工労働部 しごと支援課

電話番号 0776-20-5321ファクス番号 0776-20-5323メールフォーム

〒910-0858 福井市手寄1丁目4-1(地図) アオッサ5階
業務時間 平日8時30分~17時15分