平成27年度福井市技能功労者を表彰しました

最終更新日 2016年6月6日 印刷

福井市では、同一の職業に長く従事し、他の技能者の模範となる優れた技能を持ち、 後継者の育成や市の産業発展に貢献している方を、毎年11月の職業能力開発促進月間に表彰しています。
今年度は、平成27年11月27日に福井市役所において表彰式を開催しました。

卓越した技能を持つ職人の方々が、この福井市にも多くいることを広く市民の方々に知っていただき、これからも伝統的な技能を次世代に継承し、業界の発展につなげていただくことを目的としています。

平成27年度 福井市技能功労者一覧 (敬称略)

氏名

受賞時年齢

職種 内容

太田 浩之

(おおた ひろゆき)

55歳

左官職

左官技術を応用した、防水工事・断面修復工事など多様な分野に事業を展開しており、特に曲面での作業技術は県内外から高く評価されている。自社や組合において若手職人を熱心に指導し、後継者育成に貢献している。

高村 敦

(たかむら あつし)

56歳

看板職

長年の経験から培った、看板のデザインや製作、取付・設置作業の卓越した技能で業界の発展に大きく貢献している。職業訓練指導員の資格を持ち、若手職人の指導に熱心に取り組んでいる。
川口 泰弘
(かわぐち やすひろ)
47歳

調理職

日本料理の技術は全国から高く評価されており、全技連マイスターの資格を持つ県内では数少ない調理師である。指導した若手調理師からは全国大会入賞者を多数輩出している。
柳澤 政男
(やなぎざ わ まさお)
77歳

塗装職

県内では数少ない1級木工塗装技能士であり、60年以上の経験から培った技能は高く評価されている。これまでに3人の職人を独立に導き、現在も2人の後継者を指導している。
吉村 隆司
(よしむら たかし)
74歳

建築大工職

切妻造り、格天井、書院造りなどの伝統的な建築技術を活かした住宅の建設を得意としている。子どもたちに大工仕事の技術や楽しさを伝えるために木工教室を開催するなど、後継者の育成にも力を注いでいる。
広川 幸則
(ひろかわ ゆきのり)
47歳

土木技術職

災害復旧・防災対策工事において数多くの難工事に取り組み、地域住民の安全・安心確保に大きく貢献している。技能講習会を開催して業界を挙げた後継者育成に中心的な役割を果たしている。
眞柄 正治
(まがら まさじ)
64歳

塗装職

長年の経験から培った塗装技術は定評があり、顧客から絶大な信頼を得ている。若手職人に対しては技術だけでなく人間性を重視して指導しており、多くの若手職人を1級建築塗装技能士に導いている。

アンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

より詳しくご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。

お問い合わせ先

商工労働部 しごと支援課

電話番号 0776-20-5321ファクス番号 0776-20-5323メールフォーム

〒910-0858 福井市手寄1丁目4-1(地図) アオッサ5階
業務時間 平日8時30分~17時15分