平成26年度後期職員採用試験案内(保育士)

最終更新日 2014年8月1日 印刷

 地方公務員法(昭和25年法律第261号)第17条第4項の規定に基づき、平成26年度福井市職員採用候補者 後期試験(保育士)を次のとおり実施します。

~平成26年度後期採用試験(保育士)の変更点~

  • 受験資格(年齢上限)を30歳に引き上げました。

受付期間:8月12日(火)~26日(火)・第1次試験:9月21日(日)


 PDF版案内(保育士:193KB)はこちら

1.試験区分・採用予定人員及び職務内容(平成27年4月採用予定者)

試験区分 採用予定人員 職務内容 25年度実績
身体障がい者対象 受験者数

26年4月

採用者数

保育士 13 採用予定人員のうち若干名 保育園、児童養護施設等で保育業務等に従事 40 13

※試験結果によっては、採用予定人員が変更になることがあります。

※後期試験の中で複数の試験区分への受験申込みはできません。

2.受験資格

試験区分 資格等

生年月日

(下記の期間に生まれた人)

保育士 保育士資格を有する人又は平成27年3月31日までに資格取得見込みの人 昭和59年4月2日以降

  1. 学歴は問いませんが、短大卒業程度の学力を必要とします。
  2. 国籍は問いません。なお、日本国籍を有しない人の受験資格等の詳細については、こちらを御覧ください。
  3. 上記の受験資格があっても、次の各号のいずれかに該当する人は受験できません。(地方公務員法第16条に規定する欠格条項)

 ア.成年被後見人又は被保佐人

 イ.禁錮以上の刑に処せられ、その執行を終わるまで、又はその執行を受けることがなくなるまでの人

 ウ.福井市において、懲戒免職の処分を受け、当該処分の日から2年を経過しない人

 エ.日本国憲法施行の日以後において、日本国憲法又はその下に成立した政府を暴力で破壊することを主張する政党、その他の団体を結成し、又はこれに加入した人

4.身体障害者手帳の交付を受けている人は、「身体障がい者対象」の区分で受験することができます。この場合、上記の受験資格の他にも要件があります。受験資格等の詳細については、こちらを御覧ください。

3.試験の日時及び場所

区分 試験日 試験会場
第1次試験

平成26年9月21日(日)午前9時集合

(※午後3時30分終了予定)

福井大学 文京キャンパス

福井市文京3丁目9番1号

第2次試験 平成26年10月22日(水)~24日(金)のうち指定した日時

福井市地域交流プラザ

福井市手寄1丁目4番1号(アオッサ内)

4.試験の方法

次により、第1次試験と、第1次試験合格者に対して第2次試験を行います。

第1次試験

教養試験

〔2時間〕

公務員として必要な一般知識及び知能について、試験区分にかかわらず共通の問題により、択一式による筆記試験を行います。

専門試験

〔1.5時間〕

各試験区分に応じた専門的知識、能力、技術等について、択一式による筆記試験を行います。なお、問題は別表に掲げる出題分野から出題します。

作文試験

〔1時間〕

第1次試験時に実施しますが、採点結果は第2次試験の点数に反映します。
第2次試験 実技試験 音楽や表現方法に関する実技試験を行います。
口述試験 面接及び討論による試験を行います。
適性検査 公務員として、職務遂行上必要な素質及び適性を有するかどうかについて行います。
その他 受験資格等の確認 第1次試験の合格者に対し、受験資格等の有無、申込書記載事項の真否等について確認します。

※平成25年11月以降に初めて「育児休業代替任期付職員採用候補者(保育士)」名簿に登載された人が受験する場合は、第1次試験のうち教養試験及び専門試験が免除されます。

5.合格者の発表

区分 発表時期 発表方法 成績開示
第1次試験合格者

平成26年

10月10日

福井市役所前掲示板及び福井市ホームページに掲示するほか、合格者には郵便で通知します。 不合格者のうち開示を希望する人には、成績を通知します。(開示希望書は試験会場で配布します。)

最終合格者

(第2次試験合格者)

平成26年

11月上旬

福井市役所前掲示板及び福井市ホームページに掲示するほか、受験者全員に結果を郵便で通知します。 同上

6.合格から採用まで

 最終合格者は、試験区分ごとに作成される採用候補者名簿に記載され、その中から任命権者が採用者を決定します。

 ただし、採用候補者名簿に記載されても、「2.受験資格」の項に記載してある所定の期日までに資格を取得していなければ、正式採用されません。

7.任期付職員採用について

 選考の結果、不合格となった人のうち、成績が上位であり、かつ、希望する人については、「育児休業代替任期付職員採用候補者」名簿に登載します。希望の有無については、受験申込書に記入してください。無記入の場合は希望しないとみなし、名簿登載はしません。また、この希望の有無は採用候補者選考の合否に影響しません。なお、育児休業代替任期付職員採用制度についてはこちらを参照してください。

8.申込書の入手等

  1. 市役所で入手:福井市役所本館1階総合案内、本館3階総務部職員課又は美山・越廼・清水の各総合支所振興課で配布します。
  2. 郵便で入手:封筒の表に「採用試験申込書(保育士)請求」と朱書し、あて先を明記して140円切手を貼った返信用封筒(角形2号、A4判が折らずに入る大きさ)を必ず同封してください。
  3. インターネットで入手こちらのファイル(88KB)をダウンロードしてA4判の白紙に黒色で印刷したものを使用してください。
  4. その他:申込書による手続きのほか、「ふくe-ねっと電子申請サービス」を利用してインターネット経由で受験申込みができます。詳しくは、“電子申請による受験申込みのながれ”を参照してください。

9.受験手続

申込方法 持参 期間 平成26年8月12日(火)~8月26日(火)

(月曜日から金曜日の午前9時から午後5時15分まで)

場所 福井市総務部職員課(市役所本館3階)
郵送 期間 平成26年8月12日(火)~8月26日(火)(消印有効)

あて先 〒910-8511 福井市大手3丁目10-1

    福井市総務部職員課

※ あて先を明記して392円切手(簡易書留料を含む)を貼った返信用の小封筒(長形3号)を同封の上、書留郵便で送付してください。

なお、8月26日(火)に郵送する場合は必ず速達書留郵便にしてください。

電子申請

期間 平成26年8月12日(火)~8月26日(火)

(8月12日の午前9時から8月26日の午後5時15分までに所定の作業を完了すること)

提出書類

申込書

1部

所定の申込用紙又はこちらからダウンロードした様式(88KB)をA4白紙に黒色で印刷したものを使用してください。

後期試験の中で複数の試験区分への申込みはできません。

※電子申請による場合、申込書の提出は不要です。
受験票 申込書提出後に交付される受験票に、上半身、脱帽正面向、縦5センチメートル、横5センチメートルで、申込前6箇月以内に撮影した写真1枚を貼付してください。

写真を貼付した受験票を第1次試験に忘れず持参してください。

※電子申請による場合、電子申請手続きの過程で交付される受験票に写真を貼付し、第1次試験に持参してください。

10.その他

 受験手続等の詳細については、福井市総務部職員課(電話番号0776-20-5250)までお問い合わせください。なお、受験票を紛失した場合又は受験票が届かない場合は、職員課まで必ず連絡してください。

 別表(専門試験の出題形式及び出題分野)

試験区分 時間 出題形式 専門試験出題分野
保育士 90分 択一式 社会福祉、児童家庭福祉(社会的養護を含む。)、保育の心理学、保育原理、保育内容、子どもの保健(精神保健を含む。)等

日本国籍を有しない人の受験資格等

1.受験資格

次のいずれかに該当する人

ア 出入国管理及び難民認定法(昭和26年政令第319号)に定められている永住者

イ 日本国との平和条約に基づき日本の国籍を離脱した者等の出入国管理に関する特例法(平成3年法律第71号)に定められている特別永住者

2.採用後の担当業務等

公権力の行使に該当する職務又は公の意思の形成への参画に携わる職以外の職に任用されます。

※公権力の行使に該当する職務

(例)市税の賦課・督促・滞納処分、生活保護の決定及び立入調査、建築物・建築工事等の立入調査等

※公の意思の形成への参画

市政方針や最終的な政策決定等に重大に関与し、権限をもって意思決定を行うこと。

身体障がい者対象の受験資格等

申込書の「障がいの程度」「その他」の欄に必ず記入してください。

1.受験資格

次の全てに該当する人

ア 身体障害者福祉法第15条に定める身体障害者手帳の交付を受けている人

イ 活字印刷文(文字の大きさはこの公告と同程度)による出題に対応可能である人

ウ 介助者なしに受験並びに通勤及び職務遂行が可能である人

2.受験に際しての注意事項

次の人は試験会場を変更する場合があります。

ア 試験会場で車いすを使用する人

イ 通常の机・いすの使用による受験に支障のある人

ウ 駐車場を必要とする人(自家用車でなくては試験会場に来ることが困難である人に限る。)

エ その他受験に際して個別に必要と思われる事項がある人

育児休業代替任期付職員採用制度

1 制度について

 育児休業代替任期付職員(以下「任期付職員」という。)とは、職員が育児休業を取得した際に、その職員の代替となる職員です。

2 身分

 任用されている期間は、通常の採用試験を経て採用された職員と同様、一般職常勤(正規の職員)の地方公務員の身分となります。

3 任用期間

 職員(育休者)が上限3年間(産後休暇を除く)の育児休業を取得した場合、その代替となる職員が任期付職員として勤務できる期間は3年未満です。

※原則1年以上育児休業を取得した職員の代替を想定しています。

※勤務が可能な場合は、産休期間中(最大16週)にも臨時的任用職員として勤務をお願いする場合があります。

4 待遇

 給与や勤務条件は、通常の採用試験を経て採用された一般職常勤(正規の職員)とほぼ同じです。

※育児休業は取得できません。

5 採用までの流れ

 一般職常勤の地方公務員(正規の職員)と同じ身分であるため、まず採用試験を受験していただきます。任期付職員採用候補者の基準に達した者のうち希望する者は、任期付職員採用候補者名簿(有効期間1年)に登載され、職員の育児休業の取得にあわせて任用されることになります。

※任期付職員採用候補者名簿に登載されても、欠員の発生状況によっては任用されない場合があります。

※名簿登載発表後、説明会を開催します。

各種プラグインについて

  • PDFファイルを開くことが出来ない方は、Adobe Reader(新しいウインドウが開き、福井市のサイトを離れます)をご利用ください。

アンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

より詳しくご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。

お問い合わせ先

総務部 職員課

電話番号 0776-20-5250ファクス番号 0776-20-5733メールフォーム

〒910-8511 福井市大手3丁目10-1(地図) 市役所 本館3階
業務時間 平日8:30~17:15