福井市庁舎別館耐震改修基本計画を策定しました

最終更新日 2014年11月27日 印刷

福井市庁舎別館耐震改修基本計画を策定しました(平成26年10月)

 福井市庁舎別館(以下、「別館」といいます。)は、昭和37年に建設され築52年が経過しています。平成17年度に耐震診断を実施した結果、E判定となり、大地震の際には倒壊などの相当な被害が予想されます。
 福井市では昭和23年に福井大地震(マグニチュード7.1)を経験し、平成17年に作成された地震防災ハザードマップでも、福井市庁舎周辺で震度6強の地震が発生すると想定されています。
 こうしたことから、来庁者や職員の安全の確保はもとより、被災時に市庁舎の機能を保持し、業務継続を可能にするためには、早急に別館の耐震化整備を実施する必要があります。
 また、施設・設備の老朽化や別館・本館間の渡り廊下のバリアフリー化等の諸課題も抱えています。
 この福井市庁舎別館耐震改修基本計画(以下、「基本計画」といいます。)は、別館の耐震化整備を進めるにあたり必要な課題を整理した上で、最も別館に適した整備手法の検討を行い、耐震化整備の基本方針を明確にし、次につながる詳細な設計検討への指針として位置づけます。
 この基本計画をもとに、設計段階で詳細な検討を加えて耐震化整備を実施してまいります。

各種プラグインについて

  • PDFファイルを開くことが出来ない方は、Adobe Reader(新しいウインドウが開き、福井市のサイトを離れます)をご利用ください。

アンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

より詳しくご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。

お問い合わせ先

財政部 施設活用推進室

電話番号 0776-20-5275ファクス番号 0776-20-5778メールフォーム

〒910-8511 福井市大手3丁目10-1(地図) 市役所 本館4階
業務時間 平日8:30~17:15