福井駅周辺土地区画整理事業の概要

最終更新日 2019年3月29日 印刷

事業の目的

鉄道の高架化に併せて、福井駅周辺市街地の再整備を行い、東西市街地の一体的な高度利用、都市機能の高度化を推進し、県都福井の玄関口にふさわしい、活力と魅力ある都市拠点の形成を図ります。

事業の効果

福井駅周辺土地区画整理事業は、県施行の福井駅連続立体交差事業との同時施行によって次のような効果が期待されます。

  • 踏切が無くなり、事故や交通渋滞が解消されます。
  • 鉄道と交差する道路が新しく、広く整備されます。
  • 福井駅の西口広場及び東口広場が整備され、鉄道とバスやタクシーなどの乗り継ぎが便利になります。
  • 福井駅周辺の効率的な土地利用が可能になります。
  • 鉄道による市街地の分断が解消され、東西一体となった都市整備ができます。

県都の玄関にふさわしい「活力とうるおいのある都市づくり」のため、今後これらの事業が一日も早く完成するよう皆様方のご理解とご協力をお願い申し上げます。

事業の概要

  1. 事業名 福井都市計画事業福井駅周辺土地区画整理事業
  2. 事業主体 福井市 代表者 福井市長 東村 新一
  3. 施行地区 中央1丁目、大手1丁目、大手2丁目、手寄1丁目、日之出1丁目、日之出2丁目の各一部
  4. 施行面積 約16.6ヘクタール
  5. 全体事業費 約436億円
  6. 駅前広場 西口交通広場 約11,120平方メートル、東口交通広場 約9,130平方メートル
  7. 都市公園 日之出公園 約994平方メートル
  8. 主な道路
  • 福井駅北通り線の拡幅 幅員25~27メートル 延長約400メートル (4車線)
  • 東口都心環状線の新設、拡幅 幅員25メートル 延長約700メートル (4車線)
  • 歩行者専用道路の新設、拡幅 幅員4~8メートル 延長約490メートル 
  • 歩行者自動車共存道路の新設 幅員8メートル 延長約450メートル 
  • 道路等の詳しい整備内容について紹介します。 
  • 福井駅周辺土地区画整理事業は、社会資本総合整備計画に基づき事業を行っています。

このページのトップに戻る

区域図

区域図

このページのトップに戻る

道路施設

幹線・補助幹線道路一覧表
区分・規模・番号 路線名称 幅員 道路形態
3・4・6 福井駅北通り線 25メートル

地区の骨格を形成する幹線道路

3・3・59 東口都心環状線 25メートル
  • 地区の骨格を形成する幹線道路
  • 市の都心環状道路の一端を担う
3・5・62 北通り東口線 14メートル 幹線道路を相互に連絡する補助幹線道路
3・5・63 北の庄線 14メートル 幹線道路を相互に連絡する補助幹線道路
3・5・68 東口南線 12メートル 地区内の補助幹線道路
3・5・69 東口北線 12メートル 地区内の補助幹線道路

横断図 (福井駅北通り線・東口都心環状線)

横断図幅員25メートル 

横断図(北通り東口線・北の庄線)

横断図幅員14メートル

横断図(東口南線・東口北線】

 横断図幅員12メートル

コミュニティ道路 一覧表
区分・規模・番号 路線名称 幅員 道路形態
8・6・9 ひので高架通り 8メートル

地区内の回遊性を向上させる歩道及び車道共存の道路

8・6・10 ひので通り 8メートル

地区内の回遊性を向上させる歩道及び車道共存の道路

歩行者専用道路 一覧表
区分・規模・番号 路線名称 幅員 道路形態
8・6・8 ちゅうおう通り 8メートル

歩行者専用道路

8・7・12

東口御園通り

4~8メートル

駅利用者のアクセス向上や買い物等に利用される歩行者専用道路

このページのトップに戻る

各種プラグインについて

  • PDFファイルを開くことが出来ない方は、Adobe Reader(新しいウインドウが開き、福井市のサイトを離れます)をご利用ください。

アンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

より詳しくご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。

お問い合わせ先

建設部 区画整理課

電話番号 0776-20-5470ファクス番号 0776-20-5749メールフォーム

〒910-8511 福井市大手3丁目10-1(地図) 市役所 本館4階
業務時間 平日8:30~17:15