養育医療給付制度

最終更新日 2017年11月13日 印刷

養育医療給付について

  養育医療とは、養育のための入院を必要とする未熟児に対し、指定養育医療機関において、医療の給付又は医療に要する費用を支給する制度です。
 一般の新生児に比べて疾病にかかりやすい未熟児に対し、生後速やかに適切な処置を講じることで、出生児の健康を保持・増進することを目的としています。 

対象となる子

 福井市に住所があり、医師が入院養育を必要と認めた未熟児。
  ※入院にかかる医療が対象です(通院は対象外)。

  

給付内容 

指定養育医療機関における次の医療に限ります。

  • 診察
  • 薬剤 又は 治療材料の支給
  • 医学的処置、手術 及び その他の治療
  • 移送 ← 医師が特に必要と認めた場合のみ。この場合、医師の証明書等が必要 
福井県内指定養育医療機関一覧 (平成22年4月1日現在)
医療機関名 郵便番号 所在地 電話番号
福井大学医学部附属病院 910-1104 吉田郡永平寺町松岡下合月23-3 0776-61-3111
福井県立病院 910-8256 福井市四ツ井2丁目8-1 0776-54-5151
市立敦賀病院 914-8502 敦賀市三島町1丁目6-60 0770-22-3611
公立丹南病院 916-8515 鯖江市三六町1丁目2-31 0778-51-2260
杉田玄白記念 公立小浜病院  917-8567 小浜市大手町2-2 0770-52-0990
福井赤十字病院 918-8501 福井市月見2丁目4-1 0776-36-3630
福井県済生会病院 918-8235 福井市和田中町舟橋7-1 0776-23-1111
福井愛育病院 910-0833 福井市新保2丁目301 0776-54-5757

 

自己負担

 養育医療の自己負担額は、世帯の収入に応じて決定します。

申請について

  養育医療を受けるお子様の親権者又は後見人(以下「保護者」という。)は、 医療機関から養育医療給付意見書をもらったら 、速やかに申請してください 。
  給付決定後、養育医療券を保護者に交付します。

 

申請に必要なもの

  1. 養育医療給付申請書(保護者が記入)
  2. 養育医療給付意見書(担当医師が記入)
  3. 世帯調書(保護者が記入)
  4. 同意書(保護者が記入)
  5. 子ども医療費助成に関する委任状(保護者が記入)
  6. お子様の健康保険証
  7. 印鑑(スタンプ印不可)  
  8. 所得税額証明書等(全員分)

  1 家族全員分の課税証明書(不要の場合あり)

  2 生活保護法による被保護者の場合は、生活保護受給世帯の証明

 ※ 詳しい内容に ついては、お問い合わせの上、申請してください。

 

申請場所

  • 福井市役所 別館2階 子ども福祉課

 

様式ダウンロード

普通紙のA4版に印刷をしてください。
申請書や届には、必ず印を押してください。印は、認印で結構ですが、スタンプ印は利用しないでください。

様式一覧
とき 様式名 添付するもの
  • はじめて申請するとき

 

養育医療給付申請書

  • 養育医療給付意見書
  • 世帯調書
  • 同意書
  • お子様の健康保険証
  • 所得税額証明書等 (全員分)
養育医療給付意見書 (医療機関で記入してもらったものを
 養育医療給付申請書に添付してください。)
世帯調書

(養育医療給付申請書に添付してください。)

同意書

同意書(地方税関係情報)

(養育医療給付申請書に添付してください。)
子ども医療費助成に関する委任状 (子ども医療費助成を受ける人は、養育医療給付申請書に添付してください。母子家庭等の医療費等や重度障害者(児)医療費等を受ける人は、ご連絡ください。)
  • 住所が変わったとき
  • 氏名が変わったとき
  • 健康保険証が変わったとき
  • 指定養育医療機関が変わったとき
養育医療給付継続(変更)申請書
  • 健康保険証が変わったとき … お子様の健康保険証

 

各種プラグインについて

  • PDFファイルを開くことが出来ない方は、Adobe Reader(新しいウインドウが開き、福井市のサイトを離れます)をご利用ください。

アンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

より詳しくご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。

お問い合わせ先

福祉保健部 子ども福祉課

電話番号 0776-20-5412ファクス番号 0776-20-5735メールフォーム

〒910-8511 福井市大手3丁目10-1(地図) 市役所 別館2階
業務時間 平日8:30~17:15