福井市子ども・子育て支援事業計画

最終更新日 2017年12月19日 印刷

福井市子ども・子育て支援事業計画

策定の趣旨

 現在、我が国では、急速に少子化が進行しています。子どもや子育てを取り巻く環境が厳しくなっており、核家族化や地域のつながりの希薄化などから子育てに不安や孤立感をもつ家庭も少なくありません。また、共働き家庭の増加や長時間労働など、仕事と子育てを両立させることが困難な状況にあります。 

 これらの課題に対処し、子どもが欲しいという希望がかない、子育てしやすい社会にしていくためにも、地域の実情に応じた多様な子育て支援など、新たな取組が必要とされています。福井市子ども・子育て支援事業計画

 このような状況の中、平成24 年8 月には子ども・子育て関連3 法が成立し、質の高い幼児期の学校教育・保育の総合的な提供や、地域の子ども・子育て支援の充実のための新たな子育て支援制度が整備されました。

 本計画は、平成27 年4 月からの新制度の実施とあわせて、安心して子どもを産み育てられる環境を整備し、すべての子どもの健やかな育ちと保護者の親としての成長を支援する社会の実現を目指すことを目的として策定しました。

計画期間

 平成27年4月1日~平成32年3月31日(5年間)

基本理念

「子どもすくすく おとないきいき みんなで育ちあうまちへ」

施策の方向

 結婚・妊娠から子育てのライフステージに沿って、「結婚・妊娠・出産」、「子どもの育ち」、「保護者の支援」、「地域の役割」の視点から次の4つの方向を定めます。
1 結婚や子育てに夢を持てる環境を整えます
2 子どもの健やかな育ちを守ります
3 保護者への子育て支援を充実します
4 社会全体で子どもの育ちを支えます

計画書 (平成27年3月)

第2章「量の見込み」と「確保方策」の中間見直し(平成29年11月)

 本市では、福井市子ども・子育て支援事業計画において、平成27年度から平成31年度まで(5年間)の教育・保育及び地域子ども・子育て支援事業の「量の見込み」(利用ニーズ)と「確保方策」(提供体制と実施時期)を定めています。
 計画策定に当たっては、人口推計や保護者に対するニーズ調査の結果を基に「量の見込み」を算出しましたが、策定から2年が経過し、見込み値と実績値の間に差が生じています。
 国の基本指針によれば、「量の見込みと実際の利用に大きな乖離がある場合には中間年に見直す必要がある」とされており、本市においても、この計画をより実態に沿ったものとするため、中間年である平成29年度に、改めて今後の児童数を推計し利用実績をふまえた上で、計画終了年度である平成31年度までの「量の見込み」を再設定し、これに対応するための「確保方策」を定める見直しを行いました。

各種プラグインについて

  • PDFファイルを開くことが出来ない方は、Adobe Reader(新しいウインドウが開き、福井市のサイトを離れます)をご利用ください。

アンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

より詳しくご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。

お問い合わせ先

福祉保健部 子育て支援室

電話番号 0776-20-5270ファクス番号 0776-20-5490メールフォーム

〒910-8511 福井市大手3丁目10-1(地図) 市役所 別館2階
業務時間 平日8:30~17:15