越廼地区の「物産・お土産」

最終更新日 2017年11月14日 印刷

日本海の鮮魚・水産加工品

日本海の荒波にもまれて身を引き締めた越前がにや鮮魚がずらり。
四季を通していろんな味覚が楽しめます。
鮮魚はもちろんのこと、鯖へしこや干しいか、わかめなどの加工品もお土産として喜ばれています。鮮魚

越廼地区の主な水産加工品

  • へしこ    さば、あじ、いか、しいら
  • 干し物    たら、いか、かれい、甘えび、わかめ(板・もみ)
  • 冷凍加工品  甘塩いか、醤油だれいか 、味醂干しあじ 

加工品
(写真をクリックすると拡大できます)
 

一押しの干したら

干したらは、スケトウダラを一枚一枚、丹念に背開きにし、塩したものを冷風乾燥しています。

ここ越廼地区の干したらは、昔ながらの製法を守り、干したらの産地としても知られています。
塩加減を調節し、甘辛く煮たりして、 雑炊・茶漬け・酒のつまみにも最適です。一度、ご賞味ください。
 

福井市認定商品のご紹介  ~おいしく食べよう!ふくいの恵み~

越廼地区の地元食材を使った福井市認定商品をご紹介します。

シイラへしこイカへしこオイル漬け金のあじ煮干し甘塩いか

あかもく千日鯖へしこいかのへしこ(写真をクリックすると拡大できます)

販売又は製造元 ぬかちゃんグループ(こしの漁業協同組合女性部)
お問合せ    0776-89-2316
HPアドレス   https://jf-koshino.com/

海の幸

越前がに

福井の味覚の王様は、全国にその名を知られる冬の「越前がに」。
荒れ狂う冬の日本海に揉まれて、キュッと引き締まったその味覚はまさに絶品。
越前がにには、ズワイガニ(オス)とセイコガニ(メス)があります。
大きさと見た目は、ズワイガニは40cm~50cmと大きく、爪もガッチリ、足も太く、ズッシリとした重さを感じます。一方、セイコガニは25cm前後とかなり小ぶりで、爪も足も細い。
カニ1(写真をクリックすると拡大できます) 
 カニの解禁日
カニの乱獲防止と環境保全のため、漁の期間が決められています。
ズワイガニは11月6日~翌年3月20日まで、セイコガニは同じく11月6日~12月31日まで。
地元でズボガニと呼ばれている水ガニは2月9日~3月20日まで。 
 

カニの味覚三昧

カニ2カニ3カニ4カニ5(写真をクリックすると拡大できます)

山の幸

越前水仙

越前水仙が栽培されている越前海岸は日本水仙の三大群生地となっています。冬の晴れた日には、甘く清楚な香りの越前水仙が一面に咲き誇り越前海岸をつつみ込みます。他の日本水仙に比べ香りが強く、日持ちと草姿が良く、贈り物として好まれます。また、華道家からは正月用の花材として人気が高く、全国に出荷されています。
露地栽培の越前水仙の開花時期は例年、12月~2月頃
 水仙畑

越前水仙の販売等については、下記にお問合せください。
 ○ JA越前丹生 すいせん研修館    福井県丹生郡越前町左右24-2 ☎0778-37-2277
   (集荷日:月・水・土) http://www.ja-echizennyu.or.jp/about/flower/echizensuisen/             
 

アンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

より詳しくご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。

お問い合わせ先

未来づくり推進局 越廼総合支所

電話番号 0776-89-2111ファクス番号 0776-89-2249メールフォーム

〒910-3592 福井市蒲生町1-88(地図) 越廼総合支所2階
業務時間 平日8:30~17:15