浸水ハザードマップ

最終更新日 2014年11月4日 印刷

浸水予想地図作成の目的

 福井市は、平成16年の福井豪雨などによって大きな被害を受けました。本市では、この豪雨での経験をもとに、大雨によって浸水が予想される区域や避難場所などの情報提供に取り組んでいます。
 市民のみなさまには、浸水による被害の発生をできるかぎり軽減するため、浸水に対する“そなえ”として、この地図をご利用いただきますようにお願いいたします。
 なお、この地図は、主として下水道の施設で雨水を排水する区域を対象に、下水道施設の排水能力と一定の降雨量をもとにコンピュータで解析したものです。

 

浸水ハザードマップに記載の内容

◆大雨(30ミリ)や豪雨(70ミリ)によって浸水の発生が予想される区域

◆大雨による浸水時の避難場所について

◆避難情報伝達経路や緊急時の連絡先

◆雨の強さと降り方について

◆避難に関する注意事項について

◆日頃からの取り組みについて

 

福井市洪水避難地図(洪水ハザードマップ)との違い

福井市では、九頭竜川、日野川、足羽川が大雨によって増水し、堤防が決壊した場合の浸水範囲とその深さ、避難場所などを示した洪水ハザードマップを平成17年8月に作成・公表をしています。
 この洪水ハザードマップは、概ね150年に1回程度の大雨による洪水を想定しており、市民のみなさんの生命・財産を守るため、速やかな避難に関する大切な情報を示しています。
 これに対し、浸水ハザードマップは、洪水にはならない程度の大雨により市街地で浸水が発生すると予想される区域を示しており、浸水被害を最小限にするため、避難に対する情報や日頃からの取り組みについても掲載しています。地図は2つあわせて保管し、浸水・防災に対する“そなえ”としてください。
 

1時間当たり30ミリ降雨での浸水予想地図.alt

1時間当たり70ミリ降雨での浸水予想地図.alt

 

浸水ハザードマップのダウンロードはこちらから

30ミリ(A3版):PDF622KB

30ミリ(A0版):PDF5271KB
70ミリ(A3版):PDF599KB 70ミリ(B1版):PDF10539KB
上記の浸水ハザードマップの大きさは、A3版が縦297ミリ×横420ミリ、A0版が縦841ミリ×横1189ミリ、B1版が縦728ミリ×横1030ミリです。

関連リンク

各種プラグインについて

  • PDFファイルを開くことが出来ない方は、Adobe Reader(新しいウインドウが開き、福井市のサイトを離れます)をご利用ください。

アンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

より詳しくご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。

お問い合わせ先

下水道部 下水管理課

電話番号 0776-20-5652ファクス番号 0776-20-5663メールフォーム

〒910-8522 福井市大手3丁目13-1(地図) 企業局庁舎4階
業務時間 平日8:30~17:15