これまでのご意見・ご提案に対する回答(インフラ)

最終更新日 2020年3月31日 印刷

※掲載している回答は、回答月時点の内容です。

公園での喫煙について 郷土植物園の管理について
中央公園のトイレの性別表示について 融雪装置による打ち水について
桜橋の破損について JR線への新駅設置について
カーブミラーについて

中央公園西側の歩道工事について

中角歩道橋の夜間ライトアップについて 道路の穴について

公園での喫煙について

担当課:公園課

意見(要約) 回答や今後の取組予定
【2020年1月受付】
公園での喫煙を禁止にしてほしいです。
【2020年1月回答】
公園内での喫煙については、「福井市都市公園条例」において、「公園内で他人の迷惑となるような行為」は禁止となっており、また、公園内の灰皿については、近年整備を行った公園には設置しておらず、既設の灰皿については今後、撤去してまいります。

郷土植物園の管理について

担当課:足羽山公園事務所

意見(要約) 回答や今後の取組予定
【2019年1月受付】
足羽山の郷土植物園の植物管理が手薄であると感じます。
樹木の名札が分かりにくかったり、貴重な植物が雑草と共に刈り取られてしまっていたりします。
もっと大切にしていただきたいです。
【2019年2月回答】
樹木の名札については、自然史博物館と協力しながら、再確認していきたいと考えております。
なお、下草の除草については、害虫駆除対策のため、これまで同様に実施する予定です。
今後とも、安全な憩いの場として、多くの皆様方に郷土植物園が利用されますよう管理してまいります。

中央公園のトイレの性別表示について

担当課:公園課

意見(要約) 回答や今後の取組予定

【2018年11月受付】
新しくなった中央公園は、利用者も増え、たいへん良くなっています。

トイレも新しくなりましたが、男女の表示がいずれも黒表示のため、分かりにくいと思います。

【2018年12月回答】
現在、中央公園にあるトイレの性別表示は、差別問題や景観等を考慮して、同色(白黒)により性別の表示をしています。

しかし、同様の意見は他にも寄せられており、現在識別しやすい色での表示方法の検討を行っています。

融雪装置による打ち水について

担当課:道路課

意見(要約) 回答や今後の取組予定
【2018年7月受付】
他の自治体では、猛暑への対応策として、融雪装置による打ち水を実施しているところがあります。
コストはかかりますが、検討されてはいかがでしょうか。
【2018年8月回答】
花火大会の開催に伴い融雪設備による打ち水事業を行っている自治体に確認したところ、主にまつりで涼を演出するためや、融雪設備のPR活動のために行っており、平時の活用は行っていないとの事でした。
また、冬季以外に融雪設備を継続的に使用すると、地下水の枯渇、路面に散水することによる水はねの発生、電気代の増加に繋がることから、本市としては夏季の融雪設備による打ち水事業を行う予定はございません。
ご理解いただきますよう、何卒よろしくお願い致します。

桜橋の破損について

担当課:道路課

意見(要約) 回答や今後の取組予定
【2018年3月受付】
大雪のためか、桜橋がかなり破損しています。
【2018年3月回答】
現地確認を行い、歩道タイルのはがれや浮き、コンクリートの欠け、高欄の破損について、現在対応しております。

JR線への新駅設置について

担当課:新幹線推進室

意見(要約) 回答や今後の取組予定

【2018年2月受付】
JR北陸本線の福井-森田間への新駅設置を提案します。

当該区間は比較的駅間距離がある上に、沿線には住宅地が広がっているため、JR線の利便性向上や交流人口増加などが見込まれると考えます。駅の規模としては、プラットホームに待合室があるだけのような簡易的なものでも良いので、ぜひJRなどと検討されてはいかがでしょうか。 

【2018年2月回答】
新駅設置の検討については、先行例でみると、富山県のあいの風とやま鉄道では、現在、2カ所の新駅設置を予定しており、高岡駅と西高岡駅の新駅「高岡やぶなみ」駅が平成30年春に開業予定となっています。
今後、福井県並行在来線対策協議会において、これら先行例も踏まえ新駅設置について検討していきます。
※並行在来線とは
並行在来線とは、開業する新幹線と並行し、優等(特急)列車が新幹線に移る線区のこと。
※福井県並行在来線対策協議会とは
経営分離後の北陸本線石川県境~敦賀駅間のあり方を協議するため、県や沿線市町等関係機関による並行在来線対策協議会を設置している。
同協議会では、先行事例を参考に、県民の利便性確保を第一に検討を進めている。

カーブミラーについて

担当課:監理課

意見(要約) 回答や今後の取組予定

【2018年2月受付】
寒くなると、カーブミラーが曇って見えません。薬剤を塗るか、新規設置するものから曇らないものにしてもらえないでしょうか。

【2018年2月回答】
曇り止めの薬剤を塗っても効果が短期間しか得られないため、破損等による交換時に、曇りにくいカーブミラーを設置しています。

中央公園西側の歩道工事について

担当課:公園課

意見(要約) 回答や今後の取組予定

【2017年11月受付】

中央公園西側の歩道工事で、歩道部分がなくなり、車道を歩いているが、歩道としての区割りがなく、危険なので、対応してほしいです。

【2017年11月対応】

現在の西側歩道の規制は、渋滞にならないよう車道規制を行わず、仮歩道を設置しない方向で福井警察署と協議を行い実施しています。また、市役所来庁者等の方にはご不便をおかけすることになりますが、片側の歩道を通行止めにする際、事前に手前の交差点等に予告看板を設置し、反対側の歩道へと誘導を行っている状況です。
今後は、歩道規制手前に誘導看板を設置し直し、車道歩行の抑制を促します。また歩道工事の進捗を早め、早期な歩道開放に努めます。

中角歩道橋の夜間ライトアップについて

担当課:道路課

意見(要約) 回答や今後の取組予定

【2017年8月受付】

舟橋新と中角町を結ぶ「中角歩道橋」の夜間ライトアップを週末の2日間行ってみてはどうでしょうか。

【2017年8月回答】

中角歩道橋の夜間ライトアップは、東日本大震災時の電力不足に配慮し、現在に至るまで停止していました。しかし、昨今は電力供給も落ち着いていることから、ライトアップ再開の検討をする予定です。
点灯再開時期については、来年度当該橋梁の定期点検を行う予定をしているため、その点検結果を確認した上で、周辺自治会と相談しながら検討していきたいと考えています。

道路の穴について

担当課:監理課

意見(要約) 回答や今後の取組予定

【2017年5月受付】

走行中、道路の穴に気がついても詳しい住所が分からないため、市に連絡することは難しいです。定期的に見回ることはできないのでしょうか。

また、インターネットを利用し、福井市の地図上でポイントを確定できるようにソフトを開発してみてはどうでしょうか。

【2017年5月回答、11月現況】

日々、道路パトロールを行い不具合の発見、補修等の対応をしていますが、現状、全てを網羅することは難しく、市民みなさまからの声もいただきながら対応をしています。
7月14日に市と市内郵便局で「福井市道路等の危険箇所の情報提供に関する協定書」を締結しました。市内郵便局員が通勤時や郵便集配中に道路の危険箇所を発見したときに、市に通報し、その情報をもとに応急措置を行っています。11月までに寄せられた情報は、33ヵ所(市道18ヵ所、市道以外15ヵ所)で、緊急性の高い6ヵ所を一週間以内に直し、他は監視対象としました。

アンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

より詳しくご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。

お問い合わせ先

市民生活部 市民サービス推進課

電話番号 0776-20-5303ファクス番号 0776-20-5753メールフォーム

〒910-8511 福井市大手3丁目10-1(地図) 市役所 本館1階
業務時間 平日8:30~17:15