子ども医療費助成制度

最終更新日 2018年4月3日 印刷

 子ども医療費助成制度について

中学3年生までのお子様の医療費を助成する制度です。

助成対象者

 福井市に住民登録があり、健康保険に加入している中学3年生までのお子様(15歳年度末まで)
 

  【助成対象とならないお子様
  ・健康保険に加入していないお子様
  ・母子家庭等医療、重度障害者(児)医療費等の助成を受けているお子様
  ・生活保護を受けているお子様
  ・児童福祉施設(乳児院など)に入所しているお子様

 

助成範囲

助成対象となるもの

  • 健康保険が適用される診療(通院・入院・調剤)等の一部負担金(総医療費の2割又は3割) 
  • 入院時の食事療養費標準負担金(課税世帯:1食460円、非課税世帯:1食210円) 
  • 育成医療、未熟児養育医療などの公費助成後の自己負担額
  • 医師の診断に基づく治療用装具費用の一部 など
     

 

助成対象とならないもの

  • 健康保険が適用されない診療等の一部負担金 (保険適用外)

(例)薬の容器代、健康診断料、予防接種料、文書料、入院時差額ベット代 など

  • 交通事故など第三者行為による診療等の費用
  • 学校及び保育所等の管理下での怪我や疾病により日本スポーツ振興センターの災害給付

 助成方法

(1)県内医療機関受診時(平成30年4月受診分から窓口無料化)

県内医療機関で診療ごとに、子ども医療費受給者証と健康保険証を提示すると、保険診療分の医療費の支払いがその場で助成され、ご負担いただくのは助成額に記載している自己負担金のみ(未就学児は無料)となります。

 

(2)県外医療機関受診時(償還払い)

医療機関に子ども医療費受給者証を提示せず、保険診療分の医療費をお支払いいただきます。後日、医療機関より発行された領収書が添付された申請書を子ども福祉課にご提出いただくことで、かかった保険診療分の医療費から自己負担金を除いた額を、概ね2か月後に指定の口座に振り込みます

  その他、償還払いに該当する場合は、以下の通りです。

    ・県外医療機関を受診した場合

子ども医療費受給者証を医療機関で診療ごとに窓口に提示しなかった場合

・他の公費医療を使用した場合

医師の診断に基づく治療用装具の費用の一部など

助成額

  1. 未就学児(0歳~小学校入学前)
    助成対象となる助成範囲でかかった金額のすべて
    (注)薬の容器代など保険適用外の医療費等は助成対象外です。
     
  2. 就学児(小学1年生~中学3年生)
    助成対象となる助成範囲でかかった金額のすべて から、下表の自己負担額を差し引いた額
    自己負担額
    通院 1医療機関(医科・歯科)ごとに、500円/月
    入院 1医療機関(医科・歯科)ごとに、500円×日数(上限4,000円/月)

     ※薬局での支払には、自己負担はありません。  

     
    自己負担額の支払い方法の例(県内医療機関受診時)】
    (1)同じ医療機関に1ヶ月4回通院した場合 

 受診日数

1日目 2日目 3日目 4日目
 かかった医療費 300円 800円 5,000円 500円

                        ⇩

受診日数 1日目 2日目 3日目 4日目
医療機関でのお支払額 300円 200円 0円 0円

  

  (2) 総合病院で医科と歯科を含む診療科に、1ヶ月5回通院した場合

受診日数 1日目 2日目 3日目 4日目 5日目
診療科

内科

(医科)

口腔外科

(歯科)

内科

(医科)

皮膚科

(医科)

口腔外科

(医科)

かかった医療費 900円 8,000円 450円 850円 2,500円

                        ⇩

受診日数 1日目 2日目 3日目 4日目 5日目
診療科

内科

(医科)

口腔外科

(歯科)

内科

(医科)

皮膚科

(医科)

口腔外科

(医科)

医療機関でのお支払額 500円 500円 0円 0円 0円

 

受給者証交付申請の手続き

 助成を受けるには、受給者証交付申請(受給資格登録)が必要です。 出生や転入などで、お子様が福井市に住民登録されましたら、受給者証の交付申請を行ってください。 

 なお、下記の必要なものがそろっていない場合でも、出生・転入の手続後、速やかに申請を行ってください。

交付申請(受給資格登録)に必要なもの

  • 印鑑(スタンプ印不可)
  • 健康保険証(お子様の名前が記載されたもの)
  • 普通預金通帳(お子様が加入している健康保険の被保険者等である保護者のもの)
  • 受給者様とお子様の個人番号の確認できるもの(マイナンバーカード、通知カード、住民票等)

 

【申請場所】

  • 福井市役所市民課総合窓口
  • 福井市役所子ども福祉課 
  • 美山、越廼、清水各総合支所 

     

  •  償還払いによる払い戻しの申請

     県外等の医療機関で受給者証を提示せず、一度かかった医療費をお支払いいただいた場合は、医療機関より発行された領収書が添付された申請書を子ども福祉課にご提出いただくことで、かかった保険診療分の医療費から自己負担金を除いた額を、概ね2か月後に指定の口座に振り込みます

     

    助成申請(償還払いによる払い戻しの申請)に必要なもの

    • 印鑑(スタンプ印不可)
    • 領収書(原本)
    • 受給者証

     

    【申請場所】

    • 福井市役所子ども福祉課
    • 美山、越廼、清水各総合支所 

     

    【申請期限】

     診療を受けた月から1年

     

    【振込日】

     原則として、助成申請書で申請した場合は、申請をした月の翌々月の27日

     (27日が金融機関の休業日にあたるときは、翌営業日)
     

     

    こんなときにはどうしたらいい?
     

     異動や変更などがあったとき

     学校や保育所で怪我をしたとき

     学校から医療券をもらったとき

     福井市から転出したとき

     国民健康保険に加入しているとき

    様式ダウンロード

    普通紙のA4版に印刷をしてください。

    申請書や届には、必ず印を押してください。印は、認印で結構ですが、スタンプ印は使用しないでください

    子ども医療費 様式一覧
    とき 様式名 添付するもの
    • はじめて申請するとき
    • 受給者が変更するとき

    子ども医療費受給者証交付申請書(PDF形式:162KB)

    ・お子様の健康保険証の写し

    ・普通預金通帳(お子様が加入している健康保険の被保険者等である保護者のもの) の写し

    • 県外で受診したとき
    • 治療用装具を装着したとき など

    子ども医療費助成申請書(PDF形式:130KB)

    ・助成申請書に領収証明がない場合は、医療機関が発行した領収書(原本。コピー不可。領収書に、受診者氏名、受診日、医療機関名、保険点数、領収金額、金額内訳、領収印の記載があることを確認してください。)

    ・1医療機関(医科・歯科・薬局)ごと、診療月ごと、通院・入院ごとに1枚ずつの助成申請書が必要です。

    ・治療用装具を装着したとき…
       1 医師の診断書(意見書、作成指示書)
       2 装具装着証明書
       3 助成申請書に領収証明がない場合は、治療用装具の作製業者が発行した領収書(原本)

    • 住所が変わったとき
    • 氏名が変わったとき
    • 振込口座が変わったとき
    • 健康保険証が変わったとき

    子ども医療費受給資格内容変更届(PDF形式:105KB)

    ・振込口座が変わったとき…受給者名義の普通預金通帳 の写し

    ・健康保険証が変わったとき…お子様の健康保険証 の写し

    • 受給者証を再交付して欲しいとき

    子ども医療費受給者証再交付申請書(PDF形式:94KB)

    ・お子様の健康保険証の写し

    • 市外に転出するとき
    • 生活保護を開始したとき
    • 児童福祉施設等に入所したとき
    • 子どもを監護しなくなったとき など

    子ども医療費受給資格喪失届(PDF形式:102KB)

    ・不要になった受給者証

     

  • 各種プラグインについて

    • PDFファイルを開くことが出来ない方は、Adobe Reader(新しいウインドウが開き、福井市のサイトを離れます)をご利用ください。

    アンケート

    ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

    より詳しくご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。

    お問い合わせ先

    福祉保健部 子ども福祉課

    電話番号 0776-20-5412ファクス番号 0776-20-5735メールフォーム

    〒910-8511 福井市大手3丁目10-1(地図) 市役所 別館2階
    業務時間 平日8:30~17:15